介護保険料

介護保険の財源(介護保険に必要な費用)は、公費で半分をまかない、残り半分を40歳以上の方々からの介護保険料でまかないますので、介護が必要になったときに、誰もが安心して サービスが利用できるように、保険料は必ず納めましょう。
40歳~64歳の第2号被保険者の保険料は、加入している医療保険の保険料に含まれ、保険料の計算の仕方や額は、加入している医療保険によって異なります。65歳以上の第1号被保険者の保険料は、医療保険とは別に居住する市町村に納めます。
第1号被保険者の保険料は65歳になった日(65歳の誕生日の前日)の属する月の分から、第2号被保険者の保険料は40歳になった日(40歳の誕生日の前日)の属する月の分から、 それぞれ算定します。例えば、「9月1日生まれ」の人の保険料は8月分からの算定になり、「9月2日生まれ」の人の保険料は9月分からの算定になります。

第1号被保険者(65歳以上の方)の保険料

グループ別保険料

福岡県介護保険広域連合の構成市町村間の給付費水準には大きな差があり、市町村ごとの3か年の介護給付費合計を高齢者人口で割った「高齢者1人当たり給付費」を比べてみると、 最大で2倍以上の格差があります。
この格差を緩和、是正することを目的として構成市町村の給付費水準が高いほうから順にA、B、Cの3つのグループに分け、保険料を設定したものです。
篠栗町はCグループに所属します。

保険料の決まり方

篠栗町の介護保険料の額は、本人や世帯員の所得に応じて16段階に分かれます。
8月上旬に保険料賦課本算定を行い、8月5日ごろに1年度分の通知書(納付書)を送付します。

介護保険における各段階の対象者と計算方法および保険料
所得
段階
対象者 基準額に
乗じる
割合
平成27~29
年度保険料
(年額)
第1段階 本人および世帯全員が市町村民税非課税(※1)
  • 生活保護受給者
  • 老齢福祉年金(※2)受給者
  • 公的年金等収入額と合計所得金額の合計額が80万円以下の方
0.45 25,921円
第2段階 公的年金等収入額と合計所得金額の合計額が80万円を超え120万円以下の方 0.75 43,201円
第3段階 公的年金等収入額と合計所得金額の合計額が120万円を超える方 0.75 43,201円
第4段階 本人が市町村民税非課税(※1)だが世帯の中に市町村民税課税者がいる 公的年金等収入額と合計所得金額の合計額が80万円未満の方 0.90 51,841円
第5段階 公的年金等収入額と合計所得金額の合計額が80万円以上の方 (基準額)
1.00
57,601円
第6段階 本人が市町村民税課税 合計所得金額が120万円未満の方 1.20 69,121円
第7段階 合計所得金額が120万円以上150万円未満の方 1.30 74,881円
第8段階 合計所得金額が150万円以上190万円未満の方 1.40 80,641円
第9段階 合計所得金額が190万円以上240万円未満の方 1.50 86,402円
第10段階 合計所得金額が240万円以上290万円未満の方 1.60 92,162円
第11段階 合計所得金額が290万円以上320万円未満の方 1.70 97,922円
第12段階 合計所得金額が320万円以上350万円未満の方 1.80 103,682円
第13段階 合計所得金額が350万円以上380万円未満の方 1.90 109,442円
第14段階 合計所得金額が380万円以上410万円未満の方 2.00 115,202円
第15段階 合計所得金額が410万円以上440万円未満の方 2.10 120,962円
第16段階 合計所得金額が440万円以上の方 2.20 126,772円

(※1)市町民税非課税について
「市町村民税非課税」には、災害や障害などによる減免は含みません。
(※2)老齢福祉年金とは
「老齢福祉年金」とは、明治44年4月1日以前生まれの人などで、一定の所得がない人や、ほかの年金を受給できない人などに支給される年金のことです。
 

保険料の納め方

介護保険料を納める方法は、年金からの天引きされる「特別徴収」と、納付書で支払う「普通徴収」の2種類があります。
「特別徴収」とは、年金を年額18万円以上(月額15,000円以上)もらっている方が対象で、年金の定期支払(年6回)の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれるもので、老齢基礎年金・厚生年金などの老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金が特別徴収の対象となります。
「普通徴収」とは、年金が年額18万円未満(月額15,000円未満)の方が対象で、介護保険広域連合から送付される納付書の納期に従って介護保険料を個別に納めます。納期は8月から翌年3月までの年8回です。

特別徴収とは

「特別徴収」は、年金を年額18万円以上(月額15,000円以上)もらっている方が対象で、年金の定期支払(年6回)の際に、介護保険料があらかじめ差し引かれます。
介護保険料を特別徴収(年金からの天引き)される年金の種類は、老齢基礎年金・厚生年金などの老齢(退職)年金、遺族年金、障害年金で、保険料段階を決めるための公的年金収入額や合計所得金額には、遺族年金、障害年金は含まれません。
ただし、次のような場合は、年金を年額18万円以上もらっている人でも、こんなときは普通徴収になります


普通徴収とは

「普通徴収」は、年金が年額18万円未満(月額15,000円未満)の方が対象で、介護保険広域連合から送付される納付書の納期に従って介護保険料を個別に納めるもので、納期は8月から翌年3月までの年8回です。
普通徴収対象の方は、納め忘れの心配がなく大変便利な口座振替もできますので、口座振替をご希望の方は、次の1.~3.をご持参の上、ご希望の取り扱い金融機関、または福祉課にお越しください。

  1. 保険料の口座振替依頼書
    (介護保険料納入通知書に添付、または福祉課にあります)
  2. 預(貯)金通帳
  3. 通帳の届出印

保険料を納めないでいると

災害などの特別な事情がないのに保険料を滞納されると、滞納期間に応じて「給付制限」がとられます。
この措置は現在介護サービスを利用していなくても、将来介護が必要になったときに適用されます。

第2号被保険者(40歳~64歳の方)の保険料

40歳~64歳の方の介護保険料額は、国民健康保険や職場の健康保険など、その方が加入している医療保険の保険料算定方法に基づいて決められ、医療分の保険料とあわせて納めます。

国民健康保険に加入している方

保険料は世帯の人数と所得に応じて、世帯単位で決められ、医療保険分と介護保険分を合わせて、国民健康保険税として世帯主が納めます。

健康保険に加入している方

健康保険ごとに設定される介護保険料率と、給与(標準報酬月額)および賞与(標準賞与額)に応じて決められ、医療保険分と介護保険分の保険料を合わせて、毎月の給与および賞与から徴収されます。

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 福祉課
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111