ささぐりトピックス

勢(きお)い水 心おどらす 水しぶき [2013年07月18日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

まつりの人並

7月13日(土曜日)、篠栗町の夏の風物詩『篠栗祇園夏まつり』が開催されました。
午前中には一時的に激しく雨が降りましたが、まつりが始まると、それを待っていたかのように青空が広がりました。
たくさんの露店が立ち並び、色とりどりの浴衣や花火が夏の篠栗町を彩りました。

篠栗中学校吹奏楽部パレード

まつりは、篠栗中学校吹奏楽部のパレードで始まりました。
軽快な音楽が演奏されながら、「がんばれ!篠栗」と力強い文字で書かれた横断幕を持ったパレードが行進します。その先頭では、篠栗町商工会のゆるキャラ「くりみん」が、沿道の見物人に愛嬌(あいきょう)を振りまいていました。

くりみん
いつ見ても、くりみんはかわいいです。

子ども神輿(みこし)

午後になり多くの人出でにぎわうなか、元気いっぱいに子ども神輿(みこし)が出発し、青空に元気な声を響かせます。
おそろいの法被(はっぴ)を身にまとった子どもたちは、上町・中町・下町それぞれの神輿を担ぎ、はちきれんばかりの笑顔を輝かせていました。

浦安の舞と祇園太鼓

須賀神社では、奉納として厳かな雰囲気の「浦安の舞」と威勢のいい「祇園太鼓」が披露されました。

篠栗祇園山笠

夕方は、いよいよ篠栗祇園山笠。今年の飾りは「鏡獅子鎮魂之舞」 です。
締め込み姿の男衆は、沿道に準備された勢(きお)い水を浴びながら、上町、遍照院を折り返してJR篠栗駅までの往復約2kmを「オイサ!オイサ!」の掛け声とともに駆け抜けました。

勢(きお)い水

夜になり、打ち上げ花火でまつりはフィナーレを迎えます。
皆さんのご協力により、約1,200発の花火が打ち上げられ、夜空を鮮やかに飾りました。

夜空を照らす花火

今年も篠栗町の素晴らしい伝統文化に触れることができました。
これからも続けていってほしいですね。