ささぐりトピックス

みんなで過ごす秋の夜 [2017年10月16日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

観月会が、10月7日に町内の3つの小学校で行われました。これは、各校区のコミュニティが開催しているものです。子どもたちや保護者、地域の皆さんが参加します。校区ごとに実施内容が異なり、とてもユニークです。

ススキと月見だんご

グラウンドには、子どもたちが絵や文字を描いた紙袋をたくさん並べます。紙袋の中には、ろうそくが入っており、明かりがゆらゆらと動く様子はとても温かで幻想的です。これらの紙袋をたくさん並べたグラウンドを上から見てみると大きな絵が現れます。この絵も各校異なっています。今年は、どんな絵になったのでしょうか?。

ろうそくの入った紙袋はとても温かで幻想的な光を生み出します

篠栗小学校

篠栗小学校のグラウンドは、三日月に乗っているミッフィーが登場。

ミッフィー

また、地域の読み聞かせボランティアによるお話や大きな絵本の読み聞かせ、コーラスの披露などがありました。

お話

コーラス・大きな絵本「パパ、お月さまとって!」の読み聞かせ

最後は、初となる花火を実施。ナイアガラの滝の迫力に「わー」と歓声が上がっていました。

ナイアガラの滝 

勢門小学校

勢門小学校のグラウンドでは、月にいるうさぎが餅つきをしていました。

もちをつくウサギ

今年は、さまざまな色の紙袋を並べました。明かりが灯ると、とてもカラフルに見えますね。

カラフルな紙袋に明かりが灯ると・・・

また、弾き語りの演奏や天体観測、クッキーの販売がありました。

弾き語り

上からグランドを見下ろすと、たくさんの人が参加しているのがわかりますね。

上から見ると、たくさんの人が集まっているのがわかります!

北勢門小学校

北勢門小学校のグラウンドでは、うさぎがお月見をしていました。

月見うさぎ

迫力満点の和太鼓やオカリナの演奏があり、観客は聞きいっているようでした。また、校舎の壁に画像の投影を行い、巨大スクリーンが登場しました。この大きな画面では、絵本の読み聞かせも行われました。いつもとひと味違った読み聞かせに子どもたちは喜んでいるようでした。

和太鼓の演奏

校舎の壁に絵本を投影して読み聞かせ・オカリナの演奏

 児童が描いた紙袋


毎年、実施されている恒例の観月会。今年は、残念ながらお月様はあまり顔を出してくれませんでしたが、子どもたち、保護者の皆さん、地域の皆さんのみんなで同じ時間を過ごすことができた素敵な秋の夜になりました。