ささぐりトピックス

わくわく ドキドキの広報づくり体験~職場体験レポート~ [2016年09月14日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

9月に入り、少しずつ涼しくなっていく毎日に秋の気配を感じるようになりました。

さて、8月下旬から9月上旬にかけて町内で篠栗北中学校と篠栗中学校の2年生の生徒たちが職場体験を行いました。役場では、それぞれ生徒5人を受け入れ、そのうちの3人は、まちづくり課で広報づくりを体験しました。 (篠栗中学校は、台風による休校のため職場体験は1日のみとなっています。)

まず、広報紙の作り方を学習しました。 広報ささぐりは、企画→取材(インタビュー・撮影)→記事の作成(文章)→編集(紙面のレイアウト)→校正→印刷の流れで作成します。

今回の記事のテーマは、「職場体験レポート」。どんなインタビュー(質問)をするか職員と一緒に考え、他の事業所で職場体験をしている同級生たちの元へ向かいました。 篠栗北中学校は、すぎのこ児童館へ、篠栗中学校はアイアイささぐりへ取材に行きました。

広報ささぐりの腕章をつけた中学生記者による取材開始です。インタビューでは、やや緊張気味の生徒たちでしたが、徐々に慣れていき写真を撮る際には笑顔がこぼれ、取材を楽しんでいるようでした。

取材後、取材内容を元に記事の作成に取りかかります。記事の原稿を作成したり、掲載する写真を選んだり、協力して記事を作成しました。

【篠栗北中学校(1日目)】

インタビューをする篠栗北中学校の生徒たち

すぎのこ児童館でインタビュー
 
写真撮影では笑顔がこぼれ、取材体験を楽しんでいるようでした
 
【篠栗北中学校2日目】

みんなで協力して記事の作成を行いました
 
【篠栗中学校】
 
篠栗中学校の生徒による取材

インタビューをする篠栗中学校の生徒たち
 
生徒たちに職場体験の感想を聞くと、「インタビューは緊張したけど、取材が楽しかった」「広報の仕事に興味を持った」「この職場体験を進路に生かしたい」などの声がありました。

生徒たちが書いた記事は、広報ささぐり10月号に掲載する予定です。どんな記事になったのでしょうか?お楽しみに!