住民票の写し等の第三者交付及び不正取得に係る「本人通知制度」を始めます


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

町では、平成28年7月1日から住民票と戸籍を第三者に交付した場合、事前に登録した方にそのことをお知らせする制度と住民票と戸籍の不正取得が発覚した場合、該当者の方全員にそのことをお知らせする「本人通知制度」を始めます。

1 第三者交付本人通知制度について【事前登録が必要です。】

(1) 通知の対象となる証明書
 ・住民票の写し、住民票記載事項証明書
 ・戸籍全部(個人)事項証明書、戸籍記載事項証明書
 ・戸籍の附票
※上記の証明書は除票及び除籍を含みます。

(2) 通知の対象となる交付
・本人等(注1)からの委任状を持参した代理人に交付した場合
・本人等以外の第三者に交付した場合(自己の権利の行使または義務の履行のため正当な理由があり請求する場合、弁護士や司法書士などの特定事務受任者が職務上の理由により請求する場合)
※本人等への交付、国または地方公共団体からの申請・交付及び弁護士や司法書士などの特定事務受任者が、裁判・訴訟手続きや紛争処理手続きについての代理事務に使用するための申請・交付は通知の対象外となります。
(注1)本人等とは
・住民票の場合、「本人」「本人と同一世帯の方」
・戸籍の場合、「本人」「本人と同じ戸籍に記載されている方」「本人の直系親族(本人からみて父母、祖父母、子、孫などで養子縁組した養親、養子も含みます)」

(3)通知の内容
・交付年月日
・証明書の種別
・通数

(4)登録ができる人
・篠栗町に住民登録されている方(過去に住民登録されていた方も含む)
・篠栗町に本籍がある方(過去に本籍があった方も含む)
※いずれも、日本国内に現在住民登録されている方が対象です。

(5)登録に必要なもの
・申請書
・本人確認書類(運転免許書等官公署発行の顔写真付身分証明書1点または①健康保険証、年金手帳等公的機関が発行した顔写真なし身分証明書2点もしくは①1点と氏名・住所または生年月日が確認できる書類1点)
・法定代理人が申請する場合、法定代理人であることがわかる戸籍謄本(※1)・登記証明書等
・任意代理人が申請する場合、委任状

※1 篠栗町に備える戸籍簿により法定代理人であることが確認できる場合、省略できます。 

  申請書 本人確認書類
(本人)
本人確認書類
(代理人)
代理権確認書類
本人  
法定代理人 ○(戸籍、登記証明書等)
任意代理人 ○(委任状)

○申請は個人単位です。
○郵送による申請も可能です。申請書と本人確認書類等の写しを送付してください。
○申請書の記載や、必要書類に不備があった場合は登録できない場合がありますのでご注意ください。
○登録期間は、登録日から3年を経過した日の属する月の最終日までです。

(6)申請窓口
住民課戸籍住民係 
受付時間 月曜日~金曜日 8時30分から17時まで(祝日・年末年始除く)

◎ 注意事項
○本人通知制度登録申請内容に変更があった場合や登録を中止したい場合は再度手続きが必要です。
○この制度は、登録された方に代理人や第三者に住民票の写し等を交付した事実を通知する制度であり請求内容(請求者の住所・氏名等の情報)は通知しません。
○この制度は、代理人や第三者による証明書の取得を禁止する制度ではありません。

2 第三者の不正取得を確認したときの該当者通知制度について

事前登録の有無に関わらず、住民票や戸籍を不正取得された該当者全員に不正取得があったことを通知する制度です。

○通知を行うとき
第三者が取得した住民票や戸籍が、不正に取得されたことが明らかになったとき、若しくはその請求理由が偽りであることが明らかになったときに、町が不正取得の事実を確認し警察に告発したとき、若しくは不正取得をした第三者に対する刑罰が確定したときに不正取得された該当者全員に通知を行います。
なお、取得の資格がない人に住民票や戸籍などを交付することはありません。

問い合わせ先

住民課戸籍住民係 電話番号 947-1111(内線:212,213)