火除け観音さま


火除け観音さま 写真

高田区にある篠栗新四国八十八ヶ所霊場第三十二番札所敷地内に、全身が黒く焼けた木造十一面観音座像をお祀りしたお堂があります。
このお薬師様にまつわるお話をこれからいたします。
それは明治時代の初め頃、一人の僧がこのお堂に住みつき、近所に物乞いしたり、肉類の常食はするし、近隣の住民から大変忌み嫌われていました。
ある晩この僧が原因の失火でお堂が燃え上り、火の海となりました。お堂の周辺には茅葺屋根の農家が密集し、後ろは雑木林に接しているので、周辺に飛び火して延焼が心配されましたが、不幸中の幸いにもこのお堂だけで消し止める事ができました。
近くの住民が、観音様はどうしたのだろうと探したところ、裏の雑木林のなかに少し焦げた台座と全身が黒焦げになった仏像がころがっていました。誰もここには持ち出してはいないのにと不思議がっていましたが、観音様が見つかってほっとしました。
それではあのお坊さんはどうしたのだろうと辺りを見回すと姿かたちも見あたりません。どうやら観音様が追い出してくださったのだろうと、近所の人たちは喜び噂しました。
数日後、黒焦げになった観音様を修復する為に、博多の仏師へ持っていこうとしたところ、途中町家の火災に出くわしてしまい、順調に運べずやっとのことで博多へ到着しましたが、仏師が修理をはじめようとすると急に悪寒が走り、高熱が出て病気になってしまいました。
ついには修理ができず、そのまま観音様をお堂に持って帰ることになりました。
また明治42年の春にお堂が燃えあがった時には、火に包まれたお堂の扉を急いで開け、中から観音様を持ち出すと不思議な事にすぐに鎮火しました。
いつしか村の人たちはこの観音様のことを火除け観音様と呼ぶようになり、周辺の火災のときにはこの観音様をお堂から持ち出せば、火はすぐに消えると言って崇め祀っています。
昭和7年には、博多の信者の人たちが観音様の光背と蓮台に金箔を新調しましたが、黒焦げになった仏像には何にも手をつけていません。


このページに関するお問い合わせ

篠栗町歴史民俗資料室
〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4754番地
電話:092-947-1790