危機関連保証認定について(新型コロナウイルス感染症に係る緊急経済対策)

危機関連保証認定について

令和2年3月13日に「令和二年新型コロナウイルス感染症」による危機関連保証が発動されました。

これにより、一般保証、セーフティネット保証とは別枠で借入債務の100%を保証する信用保証枠を利用することができます。

町では、この保証制度の認定業務を行っています。

なお、町による認定は信用保証の審査を受けるためのものであり、融資を確約するものではありません。この他に、信用保証協会や金融機関による審査があります。

対象者

次のいずれにも該当する中小企業者が措置の対象となります。

●篠栗町において事業を行っていること。

●「新型コロナウィルス感染症」の発生を原因として、その事業に係るこの災害等の影響を受けた後、原則として最近1か月間の売上高または販売数量(建設業にあっては、完成工事高または受注残高。以下「売上高等」という。)が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれること。

※ 認定の概要については、以下のページをご参照ください。

必要書類

●認定申請書 (1部)

●申請書に記入した数字の根拠となる、売上高が確認できる資料(最近1か月、及び前年同月とその後2か月の残高試算表、売上台帳等)

●篠栗町で事業を行っていることがわかるもの
法人事業者:商業登記簿謄本の写し(3か月以内のもの) 
個人事業者:確定申告書の写し(税務署受付印および事業所所在地が明記されたもの)

※計算書は提出の必要はありません。参考資料としてご利用ください。

詳細はこちらをご覧ください

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光課 商工観光係

〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町中央一丁目1番1号
電話番号:092-947-1217

メールフォームによるお問い合わせ