一般不妊治療費助成事業がスタートします

令和3年4月1日から、不妊治療を受ける夫婦(事実婚を含む)の経済的負担の軽減を図ることを目的に、医療保険適応外の一般不妊治療(人工授精)に要した費用の一部を助成します。

対象者【1~5すべてを満たす人】

  1. 助成対象となる治療開始日において、法律上の婚姻関係にある夫婦又は事実婚の人。
  2. 助成対象となる治療期間から申請日までの間、夫婦いずれかが継続して篠栗町に住所があること。
  3. 助成対象となる治療開始日における妻の年齢が43歳未満であること。
  4. 医療機関において医師に不妊症と診断された人。
  5. 医療保険各法における被保険者、又はその被扶養者。

対象となる治療

医療保険適応外の一般不妊治療(人工授精)に要した費用(入院費、食事代交通費等治療に直接関係のない費用を除く。)とする。

1回の治療例

  1. 事前検査として実施する精液の細菌学検査費用及び採血によるHIV等の感染症検査費用
  2. 採精費(事前採取も含む。)
  3. 精液の事前採取から人工授精当日までの凍結保存料(人工採精当日に採精することができない場合に限る。)
  4. 精液の濃縮、洗浄等に要する費用
  5. 排卵誘発のためのHCG注射に要する費用
  6. 精子を子宮内に注入するために要する費用
  7. 人工授精後、感染予防のために服用する抗生剤等に係る費用
※助成対象外となるもの
  • 1回の治療が終了していない場合や人工授精を実施していない場合
  • 夫婦以外の第三者からの精子、卵子又は胚の提供による不妊治療
  • 代理母(妻が卵巣と子宮を摘出したこと等により、妻の卵子が使用できず、 かつ、妻が妊娠できない場合に、夫の精子を妻以外の第三者の子宮に医学 的な方法で注入して、第三者が妻の代わりに妊娠し、出産する方法)


 

助成額

1夫婦あたり、対象となる治療の最初の診療月から1年間に要した費用の1/2の額と5万円を比較して少ない方の額。

助成回数

夫婦1組につき1回限り。

申請方法

オアシス篠栗 健康課へ事前にお問い合わせ後、必要書類をご持参のうえ、窓口で申請してください。

必要書類

1.篠栗町一般不妊治療費助成事業申請書(様式第1号)(PDFファイル:102.9KB)
2.篠栗町一般不妊治療費助成事業受診等証明書(様式第2号)(PDFファイル:72.8KB)
※医師による記入が必要です。
3.当該治療に要した費用に係る領収書
4.【法律上の婚姻をしている夫婦の場合】
(1)婚姻関係を証明できる書類(戸籍謄本)
※3か月以内に発行されたもの。
【事実婚の関係にある夫婦の場合】
(1)法律上未婚であることを証明する書類(夫婦それぞれの戸籍謄本)
※3か月以内に発行されたもの。
(2)事実婚を確認できる書類(夫婦それぞれの続柄がわかる住民票)
※3か月以内に発行されたもの。
(3)事実婚関係に関する申立書(PDFファイル:186.6KB)
5.住所を確認できる書類(住民票、運転免許証、マイナンバーカード等)
※篠栗町内に住民票がある場合は省略が可能。
6.夫及び妻の健康保険被保険者証
7.振込先口座通帳
8.住所要件に関する申立書(PDFファイル:177.1KB)
※夫婦のどちらか一方が町外に住民票がある場合に必要です。

助成の申請期間

助成の対象となる治療の最初の診療日の属する月から起算して1年3か月以内。

支払方法

治療費(医療保険適応外)を一旦自己負担していただいた後に、申請に基づき申請者の届出口座に振り込みます。

※詳細については健康課までお問合せ下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 (オアシス篠栗内)

〒811-2417 福岡県糟屋郡篠栗町中央一丁目9番2号
電話番号:092-947-8888

メールフォームによるお問い合わせ