「県下一斉徴収強化月間」について

11月~12月は「STOP滞納!!県下一斉徴収強化月間」

税金は医療や福祉、教育、ごみ処理、道路・公園の整備など、皆さんの暮らしを支えている貴重な財源です。

税金の滞納は、納期内に納付している人との間に不公平が生じるだけでなく、町の財政を圧迫し、行政サービスの低下につながります。

納税は「国民の義務」であり、納期内の納付が原則です。納期限を過ぎても町税などを納付していない人は、早急に納めてください。また、納期限を過ぎても町税などを納められない場合は、課税された町税などのほかに滞納期間に応じた延滞金を納めなければなりません。納め忘れがないか確認してみましょう。

【篠栗町の取り組み】

1.一斉催告・差押え等滞納処分の強化

督促状や催告書を送って自主的な納税を促しますが、特別な理由もなく、納期限を過ぎても納めていない「滞納」になった場合には、大切な税金を確保するため、法令に従い滞納処分を行います。

【滞納処分等実績】(令和元年度)
種別 件数 種別 件数
滞納者宅捜索 18件 預金差押 217件
動産差押 2点 給与差押 33件
自動車差押 2台 その他債権差押 21件
公売会 2回 不動産差押 35件
財産調査と捜索

滞納処分をするため、滞納者の財産(預貯金・給与・不動産等)を官公署・金融機関・勤務先・取引先・滞納者の財産を占有する第三者等に対し調査することがあります。

また、財産の発見、差し押さえなどの必要がある場合、滞納者やその関係者の住居を相手方の意思に関係なく強制的に捜索することができます。

これらの調査や捜索は、法律の規定に基づき、滞納者に了解を得ずに行うことができます。

篠栗町での昨年度の財産調査実績は、13,943件です。

差押

財産調査で発見された、滞納者の財産に対する差し押さえを行います。差し押さえを行った場合、滞納者やその利害関係者(会社、金融機関、生命保険会社、不動産の抵当権者など)に「差押通知書」を送付します。

不動産を差し押さえられると不動産の登記簿上に差し押さえの登記がされ、売却しようとしても、差し押さえの登記があるため困難となります。その後も納付がない場合は公売して税に充当されます。

預貯金・給与・年金を差し押さえられると、預貯金の場合は金融機関、給与の場合は勤務先、年金の場合は支払者へ「差押通知書」が送付されます。差し押さえた預貯金・給与は取り立て後、税に充当されます。なお、給与差押、年金差押の場合は完納に至るまで毎月の給与等から差し引かれます。

その他、生命保険や証券、家賃収入、動産(家具類・電化製品・宝石・骨董品・絵画等) など、税に充当されるものであれば大抵のものが差押の対象となります。

このようなことにならないように、督促状や催告書がお手元に届いた場合は、そのままにせず、すみやかに納付してください。また、納付が困難な事情がある場合には、必ずご連絡ください。

【早めの相談を!】

新型コロナウイルスの影響による収入減少や病気、やむを得ない事情から納期限までに納付が困難な場合は、収納課までご相談ください。

生活状況などの聞き取りを行い、今後の納付計画・計画の見直しのご相談に応じます。また、専門家(ファイナンシャルプランナー)による無料相談も実施しています。

【チラシ】ファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談(PDFファイル:107.4KB)

新型コロナウイルス感染症の影響により町税の納付が困難な方へ(別ページが開きます)

この記事に関するお問い合わせ先

収納課 収納管理係

〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町中央一丁目1番1号
電話番号:092-947-1317

メールフォームによるお問い合わせ