篠栗町新型コロナウイルス感染症予防対策費補助金の申請を受け付けます

篠栗町新型コロナウイルス感染症予防費補助金

マスク、消毒液、空気清浄機等の購入等、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための取組みを実施した町内事業者に対して事業費の一部を支援します。

対象となる事業者

申請を行う時点で篠栗町内に事業所、店舗等を有し、以下のすべての条件を満たしている場合に助成の対象となります。

  1. 主たる事業が対面での接客業務を行う、下記の「補助金交付の対象となる業種一覧」に記載の業種であること。
    「補助金交付の対象となる業種一覧」(PDFファイル:191.9KB)
  2. 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第5項に規定する小規模企業者または商工会および商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条に規定する小規模事業者であること。
    業種および常時使用する従業員数
    業種 常時使用する従業員の数
    小売業 5人以下
  3. 申請する事業所、店舗等の開業日が令和2年2月29日以前であること。
  4. 補助金を交付された後においても経営を継続する意欲があること。
  5. 国または県が所有、管理または運営する事業者、店舗等ではないこと。
  6. 町税を滞納していないこと。
  7. 篠栗町暴力団排除条例(平成22年条例第2号)第2条第1号に規定する暴力団もしくは同条第2号に規定する暴力団員またはこれらと密接な関係を有する者が経営に関与しないこと。
  8. 社会通念上不適切であると判断される事業者でないこと。

公募期間

令和2年8月3日(月曜日)から令和2年9月15日(火曜日)まで

補助金の交付対象となる経費

申請者のサービスを受ける人が使用する事業所、店舗であり、不特定、多数の方が利用するエリア(客席、客室、売場など)において、安心して来店または訪問できるために実施する新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために必要な経費のうち、以下の経費が対象になります。

補助金の交付対象となる経費
(1)衛生消耗品購入費 マスク、飛沫防止用シールド、消毒液、除菌スプレー、ゴム手袋、その他の衛生消耗品の購入費
(2)物品購入費 空気清浄機、ビニールカーテン、アクリル板、非接触型体温計、その他の衛生用品以外の物品購入費
(3)設置費 アクリル板等を設置するために必要な経費
(4)委託費 事業所、店舗等内の消毒、除菌作業を外部事業者に依頼して行うための経費
  • 同一事業により、国、県または他の自治体の補助金の交付を受けている場合は、補助対象外となります。
  • 従業員等のみが使用するスペースにかかる経費は対象外です(従業員のみとは、店舗の経営者、従業員、その他取引業者などの店舗内における最終消費者以外の方)。
  • クレジットカード払いの場合、補助対象期間中に引落しの完了が確認できるものについては対象とします。
  • 法定通貨で支払った分のみが対象です。仮想通貨・クーポン・金券・商品券等の利用は対象外です。

補助率および補助上限額

補助率は補助対象経費の4/5とし、補助限度額は1事業者につき5万円を上限とします。
補助金は、全て消費税および地方消費税相当額は含めず算出してください。なお、補助金申請の額に千円未満の端数が生じた場合、切り捨てとしてください。
補助金の交付申請は、1事業者あたり1回限りです。

補助対象期間(補助事業の実施期間)

令和2年3月1日から8月31日までに実施した事業

  • 3月1日以降に発注(着手)した事業で、8月31日までに完了した事業(支払済み)の経費が対象となります。
  • 3月1日以降に発注したことが確認できる書類の提出をお願いします。
  • クレジットカード払いの場合、引落しの完了をもって完了とします。

申請手続きについて

申請期間

令和2年8月3日(月曜日)から令和2年9月15日(火曜日)まで

申請書類

  1. 篠栗町感染症予防対策費補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)
    • 複数の店舗を運営している事業者は、対策したすべての店舗情報を記載し、申請を1回にまとめてください。
    • 振込先の口座名義は、法人の場合は該当法人の口座、個人の場合は申請者本人の口座に限ります。
  2. 業種や屋号など申請者の情報確認のため書類
    申請者の情報確認に必要な書類
    法人の場合 法人登記簿(登記事項証明書)の写し
    個人事業主の場合 開業届(所管税務署の受付印が有るもの)の写し
    または確定申告書の1表と2表の写し +(収支内訳書の全てまたは青色申告決算書の全て)
  3. 補助対象経費の支出内容が確認できる書類
    「補助対象経費の内訳」と「支払い完了日」等を確認するため、次の1.~3.の内容が分かる書類全てが必要となります。
    1. 支払った金額と支払者名が確認できるもの(宛名が記載されている領収書など)
    2. 支払金額の内訳が確認できるもの(見積書、契約書、レシートなど)
    3. 支払日が確認できるもの
      • 現金払い:領収書
      • クレジットカード払い:クレジット明細とクレジットの引落しが完了したことが分かる通帳の写し
  4. 補助事業を実施した状況が確認できる書類
    「補助対象事業の内容」や「設置場所」等を確認するため、次のものが必要となります。
    1. 写真(事業実施前と事業実施後の同じ場所から撮影)
      ただし、「4 補助金の交付対象となる経費の(1)衛生消耗品購入費」に該当するものについては写真はなくても構いません。
      • 購入・設置した物品、機器等の型番が分かる写真
      • 購入・設置した場所や空間が判別できる遠景写真と近景写真
      つい立やビニールカーテンなどを自作するために材料を購入した場合は、購入した材料の写真と完成後の写真を提出してください。
      3月1日から7月31日までに着手した場合、事業実施前の写真がなくても申請できます。
    2. 配置図(購入・設置した場所や実施した内容が分かるように記入してください。手書きで可)
  5. 振込先口座が確認できる書類
  6. その他町長が必要と認める書類

申請方法

郵送または持参のいずれかにより申請してください。
郵送の場合、9月15日(火曜日)までの消印が有効です。

宛先

郵便番号811-2492
篠栗町中央一丁目1番1号
篠栗町役場 産業観光課 商工観光係

補助金交付の決定について

事業者の方からの申請書の提出を受け、提出書類の審査を行った後、その結果を郵送により通知します。適正な事業執行が確認できた場合、補助金を指定の口座に振り込みます。
必要に応じて、対象施設等の実態について報告や検査を求めることがあります。
支給の決定後、申請要件に当てはまらない事実や不正受給が発覚した場合は交付決定を取り消します。その場合、補助金を返還していただきます。

この記事に関するお問い合わせ先

産業観光課 商工観光係

〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町中央一丁目1番1号
電話番号:092-947-1217

メールフォームによるお問い合わせ