【福岡コロナ警報発動中】新型コロナウイルス感染症ポータルページ

こちらのページにて、新型コロナウイルスに関する各情報を掲載します。

町の対応状況等

行事情報

町内施設など

学校・幼稚園・保育所など

町内事業者など

くらしに関すること

各種手続きなど

健康に関すること

皆さんに心がけてほしいこと

町民のみなさんには、感染拡大を防ぐため、風邪やインフルエンザ等と同様に、通常の感染症対策に努めていただくことが重要です。咳エチケットや手洗い等、基本的な対策を行ってください。

一般的な感染症対策

感染症対策について

密を避けましょう

「密」を避けましょう

人との接触を8割減らす、10のポイント(4月23日)

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、4月22日付けの「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」を公表しました。その中で、人との接触機会を8割減らすための10のポイントを紹介し、協力を呼びかけています。

 

人との接触を減らす10のポイント

「新しい生活様式」を取り入れていきましょう

「新しい生活様式」とは

長時間にわたって感染拡大を防ぐために、飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に日常生活に定着させ、持続させることをいいます。

(厚生労働省ホームページより)

一人ひとりが日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけていくことで、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐことができます。自分や大事な家族や友人、隣人の命を守るため、みんなで取り組んでいきましょう。

新しい生活様式の実践例

こんな症状があれば相談を!

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに「帰国者・接触者相談センター」に相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です)

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、⾼熱等の強い症状のいずれかがある

重症化しやすい⽅(※)で、発熱や咳などの⽐較的軽い⾵邪の症状がある
(※)⾼齢者、糖尿病、⼼不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある⽅や透析を受けている⽅、免疫抑制剤や抗がん剤等を⽤いている⽅

・ 上記以外の⽅で発熱や咳など⽐較的軽い⾵邪の症状が続く場合
症状が4⽇以上続く場合は必ず相談ください。症状には個⼈差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない⽅も同様です。

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に相談ください。

子どもをお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児科医療機関に電話などで相談ください。

 

この⽬安は、皆さんが相談・受診する⽬安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

 

厚生労働省ホームページから引用)

各種問い合わせ先

◎医療機関の受診に関する相談

福岡県では「帰国者・接触者相談センター」及び「帰国者・接触者外来」を設置しています。

粕屋保健福祉事務所
電話:092-939-1746(平日日中 帰国者・接触者相談センター)
電話:092-471-0264(夜間休日 緊急連絡番号)

◎一般的なことに関する相談

篠栗町役場 健康課
電話:092-947-8888(平日8:30~17:00)

福岡県新型コロナウイルス感染症一般相談窓口
電話:092-643-3288(24時間対応)
ファクス:092-643-3697(24時間対応)

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症専用コールセンター
0120-565653(フリーダイヤル 9:00~21:00)

関連リンク先