ささぐりトピックス

8月10日は「宿の日」 [2018年08月17日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

8月10日、鳴淵ダム下流河川公園で「810祭」が開催されました。

今年で3回目の開催となったこの祭りには、昨年よりも多くの人が来場しました。

8月10日は、旅館の良さをアピールする日として、語呂合わせで「や(8)ど(10)の日」と制定されています。
「810祭」は、主催である篠栗町旅館組合青年部が、宿のよさを再認識してもらおうと開催しています。

多くの人でにぎわいました

今年は、納涼床が登場。川のせせらぎを聞きながら、旅館自慢の料理を楽しんでいました。

今年は納涼床が登場。旅館自慢の料理でおもてなし。
 
納涼床の前で演奏をするちんどん屋

町内のお店による出店もあり、来場者は食事を楽しんでいました。

出店には列が

ステージイベントでは、篠栗中学校太鼓部の演奏や忍者ショー、サックスとフルートの演奏など盛りだくさん。

篠栗中学校太鼓部による演奏
 
忍者ショー
 
サックスとフルートの演奏

去年に引き続き、ちんどん屋によるステージもありました。ちんどん屋は、日中も町内の事業所を訪れ、盛り上げていました。

ちんどん屋さんによるステージ

最後は、盆踊りや炭坑節などを踊りました。

最後はみんなで盆踊りを


この事業には、協働のまちづくり補助金が使われています。
協働のまちづくり事業補助金についてはこちら