平成30年住宅・土地統計調査のお知らせ


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 篠栗町(総務省統計局)では、10月1日現在で住宅・土地統計調査を実施します。

これは統計法に基づき実施する国の重要な統計調査です。

9月中旬から、調査員が調査対象地域の世帯に伺いますので、調査の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

調査の目的

 住宅・土地統計調査は、わが国における住宅及び住宅以外で人が居住する建物に関する実態並びに住環境、現住居以外の住宅及び土地の保有状況、その他の住宅等に居住している世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国及び地域別に明らかにすることにより、国民の住生活関連施策の基礎資料を得ることを目的とします。

 調査の結果は、国や地方公共団体における『住生活基本計画』の成果指標の設定、耐震や防災を中心とした都市計画の策定、空き家対策条例の制定などに幅広く利用されています。

調査の対象

 平成27年国勢調査調査区のうち、総務大臣が指定する約22万調査単位区について、統計手法で無作為に選定した約370万世帯の方々を対象とします。

 篠栗町では、52調査単位区、約900世帯の方々が対象となります。

調査の方法

 福岡県知事が任命した調査員が世帯に調査票を配布し、インターネットによる回答、記入済みの調査票を回収、又は記入済みの調査票を郵送する方法により行います。

 皆様により便利にご回答いただくため、パソコンやスマートフォンを使って、簡単に回答することも可能となっています。

調査員について

 調査員は顔写真付きの「調査員証」及び「立入検査証」を必ず携行しています。

かたり調査にご注意ください

・金銭を要求することや銀行口座、クレジットカード番号をお聞きすることはありません。

・政府の統計調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メールなどにご注意ください。

調査の事項

(1)現在住んでいる住居に関する事項
居住数、敷地面積、建物の構造など

(2)世帯に関する事項
世帯、年間収入、通勤時間、家賃など

(3)現住居以外の住宅に関する事項
所有の有無、空き家の所有状況など

(4)現住居以外の土地に関する事項
所有の有無、土地の利用状況など

個人情報の保護

 調査により集められた調査票の記入内容は、「統計法」によって厳重に保護されます。

 統計調査員をはじめとする調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計を作成・分析する目的以外に調査票を使用することは絶対にありません。

 これらの行為は、「統計法」により固く禁じられていますので、安心してご回答くださるようお願いします。

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 まちづくり課(統計係)
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1201