わかりやすいまちづくりを目指して!!

 篠栗町では、市街地において建物が建ちこんできており、目的の家を探しにくくなってきています。そのため、一刻を争う消防作業や救急業務、または大切な郵便物・電報・宅配小荷物などの配達業務にも支障がでてきています。さらには、私たちの普段の生活にも不便さが生じることがあります。
 町では、このようなことを改善するため、「住居表示に関する法律」に基づいて住居表示整備事業を進めています。皆さま方のご理解とご協力をよろしくお願いします。

住居表示制度とは?

 現在、私たちの住所や事務所・事業所の所在地は「篠栗町大字○○▲▲番地」というように表されています。この『▲▲番地』というのは、もともと私たちの住所を表すために付けられたものではありません。明治の初めに、主に徴税の目的で土地に付けられた符号の『地番』が、不動産登記制度の実施と戸籍法の改正により、『番地』という呼び方で住所の表示として一般化したものです。しかし、このような地番を住所の表示に使っているため、次のような問題があります。

 以上のような不便や不合理をなくして、分かりやすく住み良いまちをつくるため、昭和37年に「住居表示に関する法律」がつくられ、多くの都市で住居表示が実施されるようになりました。

住居表示が実施されると?

 町の区域が整然とし、町界(丁目界)が道路、水路などで区切られ、住居番号が一定の基準で配列されて住所がわかりやすくなります。また、街区表示板や住居番号表示板の設置で住所を目に見えるようにすることで、町の区域がわかりやすく、住所の検索が容易になり、次のような効果もあります。



このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 住民課(住居表示担当)
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1306