○篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金交付要綱

平成28年4月1日

要綱第51号

(趣旨)

第1条 この要綱は、子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)に規定する地域子ども・子育て支援事業を実施する特定教育・保育施設、特定地域型保育事業者等に対し、予算の範囲内において、篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、篠栗町補助金等交付規則(昭和57年規則第3号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業等)

第2条 補助対象事業、補助の対象、補助対象経費、補助基準額等は、別表に定めるところによる。

(補助金の交付申請)

第3条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金交付申請書(様式第1号)に必要書類を添えて、別に定める期日までに町長に提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第4条 町長は、前条の規定による申請に係る書類等を審査し、補助金の交付の可否を決定したときは、篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金交付(不交付)決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

2 町長は、補助金の交付決定をする場合において、条件を付すことができる。

(補助金の変更承認の申請)

第5条 前条の規定により補助金の交付決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)が事業の内容を変更しようとする場合は、あらかじめ篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金変更承認申請書(様式第3号)に必要書類を添えて町長に提出し、承認を受けなければならない。

(補助金の変更承認の決定)

第6条 町長は、前条の規定による申請に係る書類等を審査し、事業の内容の変更の可否を決定したときは、篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金変更承認(不承認)通知書(様式第4号)により補助事業者に通知するものとする。

(実績報告)

第7条 補助事業者は、補助対象事業終了後30日以内又は事業終了日の翌年度4月8日のいずれか早い日までに、篠栗町子ども・子育て支援事業実績報告書(様式第5号)に必要書類を添えて町長に報告しなければならない。

(補助金の額の決定)

第8条 町長は、前条の規定による報告を受けたときは、その内容を審査するとともに必要に応じて調査し、適当と認めたときは交付すべき補助金の額を確定し、篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金確定通知書(様式第6号)により補助事業者に通知するものとする。

(交付決定の取消し等)

第9条 町長は、補助事業者が次の各号のいずれかに該当したときは、補助金の交付決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) 虚偽その他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 補助金を他の目的に使用したとき。

(3) 補助金の交付決定の内容又はこれに付した条件その他法令に違反したとき。

2 町長は、前項の規定により補助金の交付決定を取り消した場合は、当該取消部分に関し、既に補助金が交付されているときは、期限を定めて返還させることができるものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成28年4月1日から適用する。

別表(第2条関係)

補助対象事業

基準となる交付金・補助金

補助の対象

補助対象経費

補助基準額

一時預かり事業

平成28年度子ども・子育て支援交付金交付要綱(平成28年7月20日府子本第474号。以下「交付要綱」という。)

交付金の当該年度の交付要綱で定める同事業の補助要件を満たしていること。

交付金の当該年度の交付要綱で認める同事業の実施に要する経費

交付金の当該年度の交付要綱の基準額

延長保育促進事業

画像

画像

画像

画像

画像

画像

篠栗町子ども・子育て支援事業費補助金交付要綱

平成28年4月1日 要綱第51号

(平成28年4月1日施行)