○篠栗町町道の認定基準等に関する規則

平成29年3月21日

規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路法(昭和27年法律第180号)第8条及び第10条に規定する町道の認定基準等に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 道路管理者 町長をいう。

(2) 公道 道路法に規定する道路をいう。

(3) 公共施設 町が設置し、又は管理する公園、広場等の施設及び公共の福祉増進を目的とし、直接町民の利用に供されているその他の施設をいう。

(認定の対象)

第3条 町道認定の対象とする道路は、次に掲げるとおりとする。

(1) 町が新設又は改良をした道路

(2) 農道の整備事業において新設又は改良をした道路

(3) 都市計画法(昭和43年法律第100号)、土地区画整理法(昭和29年法律第119号)、都市再開発法(昭和44年法律第38号)、公営住宅法(昭和26年法律第193号)、土地改良法(昭和24年法律第195号)等の規定により新設された道路

(4) 私道の無償譲渡による道路

(5) 前各号に定めるもののほか、道路管理者が必要と認めた道路

(認定の基準)

第4条 町道として認定するには、次の各号の基準のいずれかに該当しなければならない。

(1) 一般交通の用に供されている道路又はその予定の道路で、町道として管理する必要が認められていること。

(2) 道路の両端が公道に接していること。

(3) 道路の一端のみが公道に接続している場合は、篠栗町開発行為に関する指導要綱(昭和55年要綱第1号)の規定による。

(4) 道路の両端が公共施設に接しており、かつ、その公共施設が他の公道に接していること。

(5) 前各号に定めるもののほか、道路の状態がおおむね道路構造令(昭和45年政令第320号)及び篠栗町町道の構造の技術的基準を定める条例(平成25年条例第1号)の規定に適合していること。

(6) 開発区域内道路については、家屋の建込みがおおむね80パーセント以上になっていること。

(7) 農道については、補助金の関係で財産の処分制限を受けないこと。

(8) 道路敷地内に現に道路法に規定する占用許可を受けることができない物件が存在しないこと。

(9) 道路敷地は、所有権登記(地目は公衆用道路)が完了しているか、又は当該登記手続が速やかに完了する予定であること。

(10) 道路敷地には、所有権以外の権利が設定されていないこと。

2 道路管理者は、前条の規定にかかわらず、地域住民の福祉の向上に寄与すると認められるものについては、認定できるものとする。

(廃止又は変更)

第5条 道路管理者は、町道が一般交通の用に供する必要がなくなったと認める場合は、当該町道の全部又は一部を廃止することができる。

2 道路管理者は、町道の全部又は一部を廃止し、これに代わるべき町道を認定しようとする場合においては、これらの手続に代えて、町道を変更することができる。

(廃止又は変更の基準)

第6条 道路管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、町道の廃止又は変更をすることができる。

(1) 道路の新設又は改良により不要となった道路

(2) 国道又は県道へ昇格した道路

(3) 前2号に定めるもののほか、道路管理者が公益上特に必要と認め、道路管理上支障がないと認めた道路

(認定、廃止及び変更の手続)

第7条 町道の認定、廃止及び変更は、道路管理者が議会の議決を経て告示する。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

篠栗町町道の認定基準等に関する規則

平成29年3月21日 規則第4号

(平成29年3月21日施行)