○篠栗町農業委員会の農地利用最適化推進委員選任に関する規則

平成28年12月22日

農委規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号。以下「法」という。)第17条第1項の規定に基づき委嘱する篠栗町農業委員会(以下「農業委員会」という。)の農地利用最適化推進委員(以下「推進委員」という。)の選任手続等について、法令に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(担当区域)

第2条 法第17条第2項の規定に基づく推進委員が担当する地区、区域及び定数は、次のとおりとする。

地区

区域

定数

篠栗地区

大字内住、大字篠栗、大字高田、大字金出、大字萩尾

1

勢門地区

大字尾仲、大字若杉、大字乙犬、大字和田、大字津波黒、大字田中

1

(選出方法)

第3条 推進委員の選出方法は、次に掲げるとおりとする。

(1) 農業者その他の関係者からの推薦

(2) 農業者が組織する団体からの推薦

(3) 一般募集

(推進委員の資格)

第4条 推進委員として推薦を受け、又は募集に応募しようとする者は、次に掲げる要件を全て満たす者とする。

(1) 農業に関する識見を有する者であること。

(2) 農地等の利用の最適化の推進に関する事項その他の農業委員会の所掌に属する事項に関し、その職務を適切に行うことができる者であること。

(3) 町内に住所を有する者であること。ただし、特別の事情がある場合は、この限りでない。

(推薦手続等)

第5条 推進委員候補者の推薦に当たっては、次の手続を経るものとする。

(1) 第3条第1号の推薦に当たっては、町内に住所を有する農業者3人以上が連名し、その代表者が文書をもって推薦すること。

(2) 第3条第2号の推薦に当たっては、法人又は農事組合等の代表者が文書をもって推薦すること。

2 推薦する文書には、農業委員会等に関する法律施行規則(昭和26年農林省令第23号。以下「省令」という。)第11条第1項に規定する事項を記載するものとする。

3 推薦をする代表者は、持参、郵送、ファックス又は電子メールにより、推薦する文書を農業委員会に提出するものとする。

(募集手続等)

第6条 推進委員の募集に当たっては、次に掲げる方法により、町内の農業者等その他関係者への周知に努めるものとする。

(1) 町広報紙への掲載

(2) 町ホームページへの掲載

(3) その他農業委員会が必要と認める方法

2 募集に応募する者は、省令第11条第1項に規定する事項を記載した文書を持参、郵送、ファックス又は電子メールにより、農業委員会に提出するものとする。

(推薦及び募集の期間)

第7条 前2条に規定する推薦及び募集(以下「推薦等」という。)に係る受付期間は、おおむね1月とする。

(公表)

第8条 農業委員会は、省令第13条第3項の規定により、推薦等に係る文書の提出方法、受付期間その他推薦等に関する必要な事項のほか、省令第12条に規定する事項について、ホームページ等において適宜公表するものとする。

(推進委員の選任)

第9条 農業委員会は、適正な推薦等の手続を経て推進委員の候補となった者(以下「候補者」という。)について、農業委員会総会において評価し、及び選考し、候補者のうちから推進委員として適当であると認める者を決定するものとする。

2 農業委員会は、前項の規定により決定した者に推進委員を委嘱し、辞令を交付するものとする。

(推進委員の補充)

第10条 農業委員会は、解嘱、失職又は辞任等により推進委員の欠員が生じたときは、この規則に定める手続に基づき、速やかに推進委員の補充に努めるものとする。

(委任)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

篠栗町農業委員会の農地利用最適化推進委員選任に関する規則

平成28年12月22日 農業委員会規則第1号

(平成28年12月22日施行)