○篠栗町地球温暖化対策実行計画策定委員会設置要綱

平成28年6月24日

要綱第29号

(設置)

第1条 地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号)第21条第1項の規定に基づき、篠栗町地球温暖化対策実行計画(以下「実行計画」という。)を策定し、この実行計画に従った事務事業の推進を図るため、篠栗町地球温暖化対策実行計画策定委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 委員会の所掌事項は、次のとおりとする。

(1) 実行計画の原案を作成し、町長に報告すること。

(2) 実行計画の原案の策定に必要な調査及び研究に関すること。

(3) 実行計画の啓発及び推進に関すること。

(4) その他町長が必要と認めたこと。

(組織)

第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。

2 委員長は、副町長をもって充てる。

3 副委員長は、都市整備課長をもって充てる。

4 委員は、別表に掲げる職にある者をもって充てる。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員長は、会務を総理し、委員会の会議(以下「会議」という。)の議長となる。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第5条 会議は、委員長が必要に応じ招集する。

2 委員長は、必要があると認めるときは、会議に委員以外の者を出席させて意見を聴くことができる。

(策定プロジェクトチーム)

第6条 委員長は、実行計画の原案を作成するため、地球温暖化対策に係る調査、研究その他専門的な作業を行う篠栗町地球温暖化対策実行計画策定プロジェクトチーム(以下「策定プロジェクトチーム」という。)を置くことができる。

2 策定プロジェクトチームは、委員長から指示された事項について調査及び検討をし、その結果を委員会に報告する。

3 策定プロジェクトチーム員は、職員のうちから委員会が指名する。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、環境対策事務所管課において行う。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、委員長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年12月22日要綱第49号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別表(第3条関係)

総務課長、財政課長、まちづくり課長、健康課長、福祉課長、産業観光課長、上下水道課長、学校教育課長、こども育成課長、社会教育課長

篠栗町地球温暖化対策実行計画策定委員会設置要綱

平成28年6月24日 要綱第29号

(平成28年12月22日施行)