○篠栗町条件附採用職員の人事評価に関する規程

平成28年3月22日

規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条第1項に規定する条件附採用職員(以下「職員」という。)の育成及び職務遂行能力を実証し職員の採否の決定をすることに関し必要な事項を定める。

(評価者等)

第2条 人事評価を行う者(以下「評価者」という。)及び確認者(以下これらを「評価者等」という。)は、別表のとおりとする。ただし、町長が必要と認める場合は、別に評価者等を指定することができる。

(人事評価の実施)

第3条 人事評価は、篠栗町職員人事評価規程(平成28年規程第2号)により行うものとする。

2 人事評価は、職員の採用の日から起算して5月を経過した後、速やかに実施し、結果を確認者へ提出するものとする。

3 人事評価の対象となる期間は、職員の採用の日から起算して5月を経過する日までとする。

4 前2項の規定にかかわらず、条件附採用期間が延長された職員に対しては、延長された期間内において、人事評価を再度実施するものとする。

(育成面談の実施)

第4条 人事担当課長は、職員の採用の日から起算して3月を経過した後、速やかに育成面談を実施し、職務遂行に係る助言又は指導を行い、当該職員の育成に努めるものとする。

2 人事担当課長は、前項の育成面談の終了後、速やかに育成面談実施報告書(様式第1号)により、確認者へ報告するものとする。

(意見)

第5条 確認者は、正式採用に係る意見書(様式第2号)により、職員の正式採用に係る意見を付して、町長に報告するものとする。

2 確認者は、前項の意見書に意見を付するときは、人事評価の結果について内容を確認し、必要に応じて評価者及び当該職員から聴取を行うものとする。

(勤務実績不良等の報告)

第6条 評価者は、評価の対象の職員について、勤務実績の不良等が認められる場合、速やかに町長が別に定めるところにより、確認者へ報告するものとする。

2 確認者は、前項の規定による報告があった場合、総務課長に対し第4条第1項に規定する育成面談を直ちに実施させるものとする。

(職員の採否)

第7条 町長は、職員の採否について、第5条第1項の意見を考慮して、次の各号に定めるとおり決定するものとする。

(1) 職員の条件附採用期間中の勤務実績が良好であると町長が認めるときは、その期間終了の翌日に正式採用するものとする。

(2) 職員の条件附採用期間中の勤務実績が良好でないと町長が認めるときは、その期間終了の翌日において免職するものとする。

(3) 職員が条件附採用の期間の開始後6月の間において実際に勤務した日数が90日に満たないときは、その日数が90日に達するまで条件附採用期間を延長するものとする。

(4) 正式採用とするための職務遂行能力の実証が十分でないと町長が認めるときは、1年を限度に条件附採用期間を延長するものとする。

(補則)

第8条 この規程に定めるもののほか、職員の人事評価の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

一次評価者

二次評価者

確認者

課長補佐

課長

副町長

備考 この表において「課長補佐」とは、課長補佐、園長、次長及び参事補佐をいう。

画像

画像

篠栗町条件附採用職員の人事評価に関する規程

平成28年3月22日 規程第3号

(平成28年4月1日施行)