○篠栗町いじめ防止等対策推進条例

平成27年3月23日

条例第3号

(趣旨)

第1条 この条例は、いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号。以下「法」という。)の規定に基づき、児童又は生徒に係るいじめの防止、いじめの早期発見及びいじめの対処(以下「いじめの防止等」という。)のための対策の推進に関し必要な事項を定めるものとする。

(いじめの防止等対策推進の方針)

第2条 町は、法第3条に規定する基本理念にのっとり、いじめの防止等の対策を推進するものとする。

2 町は、いじめの防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進するため、法第12条に規定する地方いじめ防止基本方針として、篠栗町いじめ防止基本方針(以下「基本方針」という。)を定めるものとする。

(篠栗町いじめ問題対策連絡協議会)

第3条 町は、いじめの防止等に関係する機関及び団体の連携を図るため、法第14条第1項に規定するいじめ問題対策連絡協議会として、篠栗町いじめ問題対策連絡協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会は、次に掲げる事項に関し協議等を行うものとする。

(1) いじめの防止等に係る情報の交換に関すること。

(2) いじめの防止等のための対策に関すること。

(3) その他いじめの防止等に必要な事項に関すること。

(篠栗町いじめ問題専門委員会)

第4条 町は、教育委員会と協議会との円滑な連携の下に、基本方針に基づくいじめの防止等のための対策を実効的に行うようにするため、教育委員会に法第14条第3項に規定する附属機関として、篠栗町いじめ問題専門委員会(以下「専門委員会」という。)を置く。

2 専門委員会は、次に掲げる事項に関し協議等を行うものとする。

(1) いじめの防止等のための対策の推進に関すること。

(2) 法第28条第1項に規定する調査に関すること。

(3) その他教育委員会が必要と認める事項に関すること。

(篠栗町いじめ防止等調査委員会)

第5条 町長は、法第30条第2項に規定する附属機関として、篠栗町いじめ防止等調査委員会(以下「調査委員会」という。)を置くことができる。

2 調査委員会は、次に掲げる事項に関し協議等を行うものとする。

(1) 法第28条第1項の規定による調査の結果についての調査に関すること。

(2) その他町長が重大事態への対処等のため必要があると認める調査に関すること。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

篠栗町いじめ防止等対策推進条例

平成27年3月23日 条例第3号

(平成27年4月1日施行)