○篠栗町職員の自家用車使用による旅費に関する取扱要領

平成26年6月3日

要領第3号

(趣旨)

第1条 この要領は、篠栗町職員旅費支給条例(昭和32年条例第2号。次条において「条例」という。)に規定する車賃に係る自家用車使用による旅費に関し必要な事項を定めるものとする。

(自家用車使用の承認)

第2条 条例第10条の規定により、公用車を使用することが困難で、通常の交通機関を利用するよりも利便性が高く、効率的で円滑な公務の遂行が可能になる場合において自家用車を使用する場合は、次に掲げる要件を備え、出張伺兼命令書に自家用車使用許可届出書(別記様式)を添付し、旅行命令権者の承認を受けなければならない。

(1) 職員又は親族が所有(割賦販売法(昭和36年法律第159号)による割賦等で購入し、所有権が留保されているものを含む。)する自家用車であること。

(2) 車両が常に整備されたものであること。

(3) 自家用車が自動車損害賠償責任保険に加入しているものであること。

(4) 自家用車の自動車損害賠償任意保険が対人賠償について無制限のものであること。

(5) 自家用車の自動車損害賠償任意保険が対物賠償について1事故につき1,000万円以上の補償のものであること。

(6) 自家用車の自動車損害賠償任意保険が搭乗者傷害保険について1名につき1,000万円以上の補償ものであること。

2 前項の規定にかかわらず、旅行命令権者は、次の各号のいずれかに該当する場合には、自家用車の使用の承認をしないものとする。

(1) 職員の健康状態が正常な運転に適さないと認められる場合

(2) 自家用車の点検及び整備が不十分であると認められる場合

(3) その他職員に自家用車を運転させることが適当でないと判断する場合

(遵守事項)

第3条 運転者は、次に掲げる運転をしてはならず、篠栗町職員懲戒等審査委員会規則(平成12年規則第13号)別表に規定する飲酒運転、交通事故及び交通法規違反関係に抵触し、逮捕、検挙等をされた場合は、別に定める篠栗町職員の懲戒の手続及び効果に関する条例(昭和41年条例第16号)の規定に基づく懲戒の手続を行うものとする。

(1) 飲酒運転(酒気帯び運転を含む。)

(2) 速度違反運転

(3) 過労運転又は居眠り運転

(4) その他道路交通法(昭和35年法律第105号)で禁止されている運転

(事故報告)

第4条 交通事故が発生した場合は、直ちに警察への報告等の措置をとるとともに、事後速やかに町長に事故内容等を詳細に報告しなければならない。

(交通事故等の取扱い)

第5条 自家用車を使用した旅行中に検挙された交通事故若しくは交通違反に係る反則金若しくは違反金又は交通事故に係る費用については、自己の責任により処理を行うものとする。

(同乗旅行者の旅費の取扱い)

第6条 自家用車を使用して旅行する者に同乗して旅行した者の車賃は、支給しない。

(許可の取消し)

第7条 この要領の規定に違反した場合は、自家用車の使用の許可を取り消すものとする。

附 則

この要領は、公布の日から施行する。

画像

篠栗町職員の自家用車使用による旅費に関する取扱要領

平成26年6月3日 要領第3号

(平成26年6月3日施行)