○篠栗町タブレット端末機貸与規程

平成26年6月3日

規程第8号

(趣旨)

第1条 この規程は、篠栗町における情報通信及び会議システム用のタブレット端末機(以下「端末機」という。)の貸与に関して必要な事項を定めるものとする。

(貸与の対象及び数)

第2条 端末機の貸与の対象となる者は、篠栗町議会議員、篠栗町監査委員、篠栗町長、副町長、教育長、課長の職にある者及び財政課長が許可した者(以下「使用者」という。)とする。

2 貸与の数は、使用者1人につき1台とする。

(端末機の取扱い)

第3条 端末機の貸与を受けた使用者は、当該端末機を適切に管理し、使用しなければならない。

2 使用者は、端末機を庁内LANに接続して使用するときは、パスワードを入力するものとし、パスワードの管理を適正に行わなければならない。

3 使用者の端末機によるインターネット等への接続については、篠栗町情報セキュリティに関する規則(平成24年規則第20号)第32条(同条第1号に掲げる行為に限る。)及び第33条(同条第1号から第4号まで及び第6号に掲げる行為に限る。)の規定を準用する。

4 使用者は、第1項の規定に違反し、又は第三者に損害を与えた場合は、使用者の責任において処理するものとする。

5 使用者は、端末機に不具合等が生じた場合は、財政課に連絡し、その指示に従わなければならない。

6 財政課は、使用者から前項の規定による連絡を受けた場合において、修理が必要なときは、最善の策で対処するものとする。

7 使用者は、端末機の紛失、破損等を発生させた場合は、自己の費用をもってこれを補填し、又は修理しなければならない。

8 使用者は、端末機を他人に貸与し、又は譲渡してはならない。

(貸与料等)

第4条 端末機は、使用者に対して無償で貸与する。ただし、前条第3項の規定に違反して発生した費用は、使用者が負担しなければならない。

(端末機の管理)

第5条 財政課長は、端末機貸与簿(別記様式)を整備し、端末機を管理しなければならない。

2 財政課長は、IDパスワード等が第三者に漏えいしないよう厳重に管理しなければならない。

(端末機の返納)

第6条 使用者は、第2条第1項の規定に該当しなくなったときは、端末機を速やかに財政課に返納しなければならない。

(遵守事項)

第7条 使用者は、次に掲げる事項を遵守するものとする。

(1) 情報の受発信は、使用者の責任において行うこと。

(2) 使用者は、データの正確性を保持し、データ等の紛失、毀損等の防止に努めること。

(3) 個人情報の漏えいがあったときは、速やかに実情を把握し、財政課長に報告し、必要な措置を講じること。

(補則)

第8条 この規程に定めるもののほか、端末機の貸与に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

画像

篠栗町タブレット端末機貸与規程

平成26年6月3日 規程第8号

(平成26年6月3日施行)