○篠栗町議会実況放映及び動画配信に関する要綱

平成26年3月20日

議会要綱第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、篠栗町議会(以下「議会」という。)を広く町民に公開し、開かれた町政を一層推進することを目的に、会議の実況放映、ライブ中継及び録画の動画配信(以下「実況放映等」という。)の取り扱いに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意味は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 実況放映 会議の議事に関する映像及び音声を放映することをいう。

(2) ライブ中継動画配信 会議の議事に関する映像及び音声をインターネットを利用して生中継により配信することをいう。

(3) 録画動画配信 ライブ中継動画配信時に録画した映像及び音声を編集した後にインターネットを利用して配信することをいう。

(実況放映等の内容)

第3条 実況放映等を行う会議は、本会議の議事とする。ただし、篠栗町議会会議規則(昭和39年議会規則第1号。以下「規則」という。)に定める秘密会は、実況放映等は行わないものとする。

2 録画動画配信は、次の各号のいずれかに該当する部分があるときは、当該部分に限り行わないものとする。

(1) 議長が取消しを命じた発言

(2) 規則第64条の規定により取り消された発言

(実況放映の実施場所)

第4条 実況放映の場所は、町役場庁舎内その他議長が必要と認めたところとする。

(録画動画配信の期間)

第5条 録画動画配信の期間は、当該会議が終了した日から原則として5年間とする。

(著作権等)

第6条 実況放映等による情報の著作権は、篠栗町議会に帰属するものとし、その旨をホームページに明示するものとする。

2 実況放映等による情報は、地方自治法(昭和22年法律第67号)及び規則に定める会議録とはならない旨をホームページに明示するものとする。

(実況放映等の中止)

第7条 議長は、必要やむを得ないと認めるときは、実況放映等を中止することができる。

(庶務)

第8条 実況放映等の庶務は、議会事務局において処理する。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか、実況放映等に関し必要な事項は、議長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

篠栗町議会実況放映及び動画配信に関する要綱

平成26年3月20日 議会要綱第2号

(平成26年4月1日施行)