○篠栗町上下水道事業職員就業規程

平成26年3月20日

上下水管規程第5号

目次

第1章 総則(第1条)

第2章 任用(第2条〜第4条)

第3章 服務(第5条〜第8条)

第4章 勤務(第9条〜第13条)

第5章 分限及び懲戒(第14条・第15条)

第6章 公務災害補償(第16条・第17条)

第7章 管理人の服務(第18条〜第22条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公営企業法(昭和27年法律第292号。以下「法」という。)第9条第2号の規定に基づき、上下水道事業職員(以下「職員」という。)の就業上の諸条件及び遵守事項に関し必要な事項を定めるものとする。

第2章 任用

(採用、昇任)

第2条 職員の採用及び昇任は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3章第2節の規定に基づき、競争試験又は選考によるものとし、その合格者のうちからこれをしなければならない。

2 課長及び企業出納員の職又は特別の技能、学歴若しくは経験を要する職、特殊な作業に従事する職その他上下水道事業の管理者の権限を行う町長(以下「管理者」という。)において試験を行うことを不適当又はその必要がないと認めたものについては、前項の規定にかかわらず、試験を行わないことができる。

(試験等の方法)

第3条 前条の規定による試験等の方法は、篠栗町一般職員の任用の方法に準ずる。

(提出書類)

第4条 新たに採用されようとする者は、次の書類を提出しなければならない。

(1) 履歴書

(2) 健康診断

(3) 身元保証書

2 前項の書類のほか、必要と認められる場合には、免許証、卒業証明書等を提出させることができる。

第3章 服務

(服務の原則)

第5条 職員は、上下水道事業が企業の経済性の発揮と、公共の福祉を増進する目的であることを常に認識し、その職務の遂行に当たっては、自己の責任を重んじ、職務に精励し、互いに助け合い、上司の職務上の命令に従い、法規令達等を遵守し、誠実に職務を行わなければならない。

2 水源池及び浄水場に勤務する職員(以下「管理人」という。)の服務について前項の規定を遵守するほか、勤務の特殊性により、その職務内容等について第7章にこれを定める。

(条例等の適用)

第6条 職員の服務、出張及び宣誓については、地方公務員法第30条から第35条まで及び第38条並びにこれらの規定に基づく条例(職員の服務の宣誓に関する条例(昭和30年条例第11号)等)又は規則の規定を準用する。

(旅費の支給)

第7条 出張を命ぜられた職員に対する旅費の支給については、篠栗町職員旅費支給条例(昭和32年条例第2号)の規定を準用する。

(日当直の服務)

第8条 職員は、正規の職務のほか、日当直勤務に服さなければならない。

第4章 勤務

(勤務の原則)

第9条 職員は、管理者の承認なく、みだりに欠勤してはならない。

(書類その他物品の保管)

第10条 職員は、書類その他物品の保管場所を定め、常にその保管に係る書類の整理整頓に意を用い、紛失、毀損等のないように留意し、外出又は退庁の際には、定位置に整理格納し、机上に散乱させておくことのないようにしなければならない。

(就業の禁止)

第11条 職員が、感染症、精神病又は勤務のために病勢が増悪するおそれのある疾病にかかった場合には、医師の認定により、その就業を禁止することができる。

(条例等の適用)

第12条 職員の勤務時間、休日、休暇その他勤務条件については、職員の勤務時間等に関する条例(昭和41年条例第14号)職員の休日及び休暇に関する条例(昭和41年条例第15号)の規定をそれぞれ準用する。

第13条 公務のため必要がある場合には、前条の規定により定められた勤務時間を延長し、又は勤務を要しない日に勤務させることができる。

第5章 分限及び懲戒

(分限及び懲戒の原則)

第14条 管理者は、地方公務員法第27条第2項及び第28条第3項の規定により、職員に対し、その意に反する降任、免職、休職及び降給をすることができる。

第6章 公務災害補償

(公務災害の意義)

第16条 この章において「公務災害」とは、職員が業務上負傷し、若しくは疾病にかかり、及びその負傷若しくは疾病により身体に障害が残ったもの又は業務上死亡したものをいう。

2 前項の業務上の災害であるか否かは、所轄行政庁の認定するところによる。

(補償)

第17条 職員が前条の公務災害を受けたときは、災害補償を行う。

2 前項の災害補償については、法令の定めるところによる。

第7章 管理人の服務

(服務の原則)

第18条 管理人は、第5条の規定によるほか、その職務の特殊性により、自己の職責の重要性を認識して、職務遂行に当たっては、常に職場内にあって、みだりに職場を離れてはならない。

(職務内容と勤務)

第19条 管理人は、常に施設場所内を巡視し、各施設の異状の有無、無断立入者の取締及び盗難防止並びに火災防止に務めなければならない。

2 施設区域内は、常に清潔にしなければならない。

第20条 管理人は、水源池について、次の事項について調査し、処置しなければならない。

(1) 流水量、濁度及び汚染の有無

(2) 取水堰の水位、濁度及び汚染の有無

(3) 取水量及びその他異状の有無

(4) 室内排水ポンプの点検

(5) その他水源に関する点検

2 前項各号の調査の結果は、定められた様式に記録し、保管しなければならない。

第21条 管理人は、次に定める事項について調査し、処置しなければならない。

(1) 受水量、濁度及び汚染の有無

(2) ろ過量、ろ過の速さ、調整弁の点検その他異状の有無

(3) 滅菌器の点検、塩素注入量の調整及び残留塩素測定

(4) 塩素の保管及び管理

(5) 揚水ポンプの点検(ゆるみ、くるい、音響、温度及び電流)及び揚水量

(6) 配水池制水弁その他異状の有無

(7) 送水量の監視及び調整

(8) 配電盤指示数と受水量の比較

(9) 水源池施設の運転

2 前項各号の調査及び処置については、別に定める様式に記録し、これを保管しなければならない。

(相互の連絡)

第22条 管理人は、送水又は配水に異状を認めたときは、直ちに担当係に連絡し、適切な処置をしなければならない。

附 則

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

篠栗町上下水道事業職員就業規程

平成26年3月20日 上下水道事業管理規程第5号

(平成26年4月1日施行)