○篠栗町介護予防研究協議会設置要綱

平成25年3月26日

要綱第5号

(設置)

第1条 この要綱は、介護保険法(平成9年法律第123号)第115条の45の規定に基づき介護予防事業を実施するに当たり、篠栗町が九州大学に委託した介護予防研究(元気もん調査)事業を円滑に実施するため、篠栗町介護予防研究協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

(所掌事務)

第2条 協議会は、次の各号に掲げる事項について審議する。

(1) 「元気もん調査」に基づく調査項目等の検討

(2) 「元気もん調査」の結果に基づく医療機関との連携

(3) その他協議会の目的を達成するために必要な事項

(組織)

第3条 協議会は、委員15人以内をもって組織し、次に掲げる者のうちから町長が任命する。

(1) 九州大学健康科学センターの長及び研究生

(2) 粕屋医師会の長及びその会員

(3) 高齢者福祉所管課の長及び職員

(4) その他町長が必要と認める者

(任期)

第4条 委員の任期は、第1条に掲げる事業が完了する日までとする。ただし、任期中であっても、その任命された時の職を離れた場合は、委員の職を失うものとする。

2 欠員が生じた場合における補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第5条 協議会に会長及び副会長を置き、委員の互選によってこれを定める。

2 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 協議会の会議は、必要に応じて会長が招集して開催する。

2 会長は、必要があると認めたときは、協議会の会議に委員以外の関係者の出席を求め、意見を聴くことができる。

(庶務)

第7条 協議会の庶務は、高齢者福祉所管課において行う。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、協議会の運営について必要な事項は、会長が前条の高齢者福祉所管課の長と協議の上、別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

篠栗町介護予防研究協議会設置要綱

平成25年3月26日 要綱第5号

(平成25年3月26日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成25年3月26日 要綱第5号