○篠栗町辞令式規程

平成25年3月26日

規程第1号

(趣旨)

第1条 町長の発する辞令に関しては、別に定めるもののほか、この規程の定めるところによる。

(発令)

第2条 職員に対する発令は、辞令書の交付により行うものとする。

(内示)

第3条 昇任、転任、兼務、併任及び派遣の発令を行うときは、当該発令を行う日の前に、発令する内容を記載した内示書に基づき、当該発令の対象となる職員に対し書面又は口頭により内示を行うものとする。

(記載事項)

第4条 辞令書及び委嘱書の記載事項及びその記載要領は、次の各号に掲げる区分に応じ、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。

(1) 前文 職及び氏名を記載する。ただし、採用又は再任用の場合は、氏名のみを記載するものとし、併任の場合は、その職員が現に他の任命権者から発令されている職及び氏名を記載するものとする。

(2) 本文 別表第1及び別表第2に掲げる例によるものとする。ただし、別表第1及び別表第2に掲げる例により難い本文については、町長が別に定める。

(3) 末文 発令年月日及び町長名を記載し、町長名の横に町長印を押印し、かつ、契印をもって割印するものとする。

(同一の辞令書による2以上の発令)

第5条 同一人に対し発令日を同じくする2以上の発令があるときは、同一の辞令書により発令することができる。この場合においては、本文に全ての発令を記載するものとする。

(辞令書の交付の省略)

第6条 第2条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当するときは、辞令書の交付を省略することができる。

(1) 第3条の規定により内示を行ったとき。

(2) 組織の変更、職名の改正等に伴う発令を行うとき。

(3) 勤務及び兼務の発令を行うとき(前2号に該当するときを除く。)。

(4) 給与に関する発令を行うとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、辞令書を交付することができない事情があるとき。

2 前項第1号の規定により辞令書の交付を省略した場合は、発令を行う予定の日に、内示書に記載された発令内容のとおり発令されたものとみなす。

3 第1項第2号の規定により辞令書の交付を省略する場合は、篠栗町行政組織規則(昭和60年規則第1号)及び篠栗町職員の職の設置に関する規則(平成19年規則第3号)により発令するものとする。

4 第1項第3号から第5号までの規定により辞令書の交付を省略する場合は、口頭その他の方法により発令するものとする。

(補則)

第7条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

別表第1(第4条関係)

辞令書

種類

文例

採用

篠栗町職員に任命する

【ア】に補する

【イ】勤務を命ずる

【ウ】給料表 級に決定する

号給を給する

ただし、条件付採用期間を6月とする

昇任

【イ】【ア】に補する

級に決定する

号給を給する

降任

【エ】の規定により降任する

【イ】【ア】に補する

【ウ】給料表 級 号給を給する

転任

【イ】【ア】を命ずる

【イ】勤務を命ずる

兼務

【イ】【ア】兼務を命ずる

【イ】【ア】兼務を解く

併任

併せて【イ】【ア】を命ずる

【イ】【ア】併任を解く

出向

へ出向を命ずる

派遣

へ派遣勤務を命ずる

への派遣勤務を解く(【ウ】給料表 級 号給を給する)

【エ】に基づき に派遣する

派遣の期間は 年 月 日から 年 月 日までとする

派遣の期間中、給料、扶養手当、地域手当、住居手当及び期末手当のそれぞれ100分の を支給する(派遣の期間中、給与は支給しない)

派遣の期間を 年 月 日から 年 月 日まで延長(更新)する

延長(更新)に係る期間中、給料、扶養手当、地域手当、住居手当及び期末手当のそれぞれ100分の を支給する(派遣の期間中、給与は支給しない)

退職

辞職を承認する

【エ】の規定により 年 月 日限り定年退職

勧奨により本職を免ずる

願いにより本職を免ずる

【エ】の規定により免職する

勤務延長

年 月 日まで勤務を延長する

勤務延長の期限を 年 月 日まで延長する

勤務延長の期限を 年 月 日に繰り上げる

再任用

篠栗町職員に再任用する

任期は 年 月 日までとする

【ウ】給料表 級に決定する

【イ】勤務を命ずる

再任用の任期を 年 月 日まで更新する

再任用の任期の満了により 年 月 日限り退職

願いにより本職を免ずる

休職

【エ】の規定により休職を命ずる

休職の期間は 年 月 日から 年 月 日までとする

休職の期間中、給料、扶養手当、地域手当、住居手当及び期末手当のそれぞれ100分の 額を支給する

復職を命ずる

懲戒処分

【エ】の規定により戒告する

【エ】の規定により給料の月額の 分のを減給する

減給の期間は 年 月 日から 年 月 日までとする

【エ】の規定により懲戒処分として停職 月とする

【エ】の規定により免職する

育児休業

【エ】の規定により育児休業を承認する

承認の期間は 年 月 日から 年 月 日までとする

【エ】の規定により育児休業の期間を 年 月 日まで延長することを承認する

職務へ復帰した

備考

(1) この表において「【ア】」の記号で表示する事項は、篠栗町職員の職の設置に関する規則第2条に規定する職員の職とする。

(2) この表において「【イ】」の記号で表示する事項は、所属課の名称とする。

(3) この表において「【ウ】」の記号で表示する事項は、給料表の種類の名称とする。

(4) この表において「【エ】」の記号で表示する事項は、法律及び条例の根拠規定とする。

別表第2(第4条関係)

委嘱書

種類

文例

委嘱

篠栗町 審議会(委員会)委員を委嘱する

任期は 年 月 日までとする

備考

(1) 法令等の規定により「任命する」と規定しているものについては「任命する」と発令する。

(2) 「任命する」と発令した場合、標題は「辞令」とする。

篠栗町辞令式規程

平成25年3月26日 規程第1号

(平成25年3月26日施行)