○篠栗町情報メール一斉配信サービス運用規程

平成24年12月25日

規程第14号

(趣旨)

第1条 この規程は、町の行政情報を町民等に提供する広報手段としての情報メール一斉配信サービス(以下「情報メール」という。)の運用に関し、必要な事項を定めるものとする。

(名称)

第2条 情報メールの名称は、「ささめーる」とする。

(情報メール運用管理者)

第3条 情報メールの適切な管理及び運用を行うため、情報メール運用管理者(以下「運用管理者」という。)を置く。

2 運用管理者は、まちづくり課長をもって充てる。

3 運用管理者は、次に掲げる職務を行う。

(1) 町民等及び職員からの情報メール全般に関する問合せへの対応

(2) 配信する情報の審査

4 運用管理者は、前項第2号の審査により、配信する情報としてふさわしくないと認めたときは、当該情報を修正し、又は配信を中止することができる。

(情報の配信)

第4条 情報メールを利用して情報を配信しようとする課等の長は、情報メール依頼票(別記様式)により、メール配信を希望する日の1週間前までに当該情報に係る電磁記録媒体又は印刷物を添付し、運用管理者へ依頼するものとする。

2 情報メールによる情報配信の作業は、篠栗町公式ホームページ運用規程(平成24年規程第12号)第4条に規定するホームページ担当者が行う。

(利用の登録申請等)

第5条 情報メールを利用しようとする町民等は、別に定める利用規約に同意したうえで、町長に対し利用の登録申請をしなければならない。登録した内容に変更が生じたとき、又は利用を停止するときも同様とする。

2 町長は、町民等から前項の規定により利用の登録申請があったときは、速やかに同項に規定する登録をしなければならないものとする。

(個人情報の取扱い)

第6条 町及び情報メールの利用に関わる者は、篠栗町個人情報保護条例(平成13年条例第24号)の趣旨に基づき、個人情報の取扱いに十分注意しなければならない。

(情報セキュリティ対策)

第7条 町長は、篠栗町情報セキュリティに関する規則(平成24年規則第20号)に定めるところにより、情報メールについて情報セキュリティの対策を講ずるものとする。

(緊急情報の取扱い)

第8条 篠栗町防災行政無線を使用して配信される緊急情報等のメールについては、この規程を適用しない。

(委任)

第9条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

画像

篠栗町情報メール一斉配信サービス運用規程

平成24年12月25日 規程第14号

(平成24年12月25日施行)