○篠栗町町営林看守人服務規程

平成24年9月25日

規程第10号

(趣旨)

第1条 この規程は、篠栗町町営林規則(平成24年規則第15号)第6条に定める看守人の服務について必要な事項を定めるものとする。

(任命)

第2条 看守人は、その者の受持区域とされる町営林の境界、林況等に熟知した者のうちから任命するものとする。

(看守人の服務)

第3条 看守人は、町長の指揮監督のもとに別に定める受持区域の町営林について、次に掲げる業務に服しなければならない。

(1) 盗伐、盗難、誤伐、侵墾その他の加害行為の防止に関すること。

(2) 落葉、下草、樹実等の無断採取の防止に関すること。

(3) 境界標識及び制札等の維持管理に関すること。

(4) その他課長が指示した事項に関すること。

2 看守人は、毎月、受持区域を巡視しなければならない。ただし、町長が別に指示した場合はこの限りでない。

3 看守人は、火災、盗伐、病虫害の発生等異常を認めたときは、直ちに、町長に報告しなければならない。特に火災が発生したときは、警察署及び消防署に急報するとともに、適切な処置を講じなければならない。

(服務日誌)

第4条 看守人が、業務に服したときは、その概要を服務日誌(様式第1号)に記録し、町長の要求があったときは、これを提出しなければならない。

(服務実績報告)

第5条 看守人は、毎月の服務内容を翌月5日までに服務実績報告(様式第2号)により町長に報告しなければならない。

(看守人証)

第6条 看守人が、業務に服するときは、その身分を証する証書(様式第3号)を携行しなければならない。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像画像

篠栗町町営林看守人服務規程

平成24年9月25日 規程第10号

(平成24年9月25日施行)