○篠栗町公益的法人等職員の受入れに関する要綱

平成24年3月1日

要綱第3号

(目的)

第1条 この要綱は、町が公益的法人等からの職員を受け入れ、その者の知識、技能、経験等を広く活用し、もって行政の活性化と効率化を図ることを目的とする。

(任用)

第2条 町が公益的法人等から受け入れる職員(以下「受入職員」という。)は、公益的法人等の職員としての身分を保有したままで、任用期間のある常勤職員として任用する。

(任用期間)

第3条 受入職員の任用期間は、原則として3年以内とする。ただし、町長が特に必要と認める場合は、公益的法人等と協議の上、任用期間を変更することができる。

(職務)

第4条 受入職員は、町長が指定する業務に従事する。

(給与)

第5条 受入職員の給与は、公益的法人等の規定を適用し、町の負担により公益的法人等が支給する。

(旅費)

第6条 受入職員が公務のため旅行したときは、一般職の職員の例により旅費を支給する。

(服務等)

第7条 受入職員の勤務時間は、町の関係条例等を適用するものとし、その他の勤務条件については、公益的法人等と協議の上、決定するものとする。

2 受入職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。任用期間が終了した後も同様とする。

(災害補償)

第8条 受入職員の業務上又は通勤上の災害補償については、公益的法人等と協議の上、決定するものとする。

(契約の締結)

第9条 町長は、公益的法人等からの職員の受入れの実施について、公益的法人等と個別に契約を締結するものとする。

(退職手当条例等の適用除外)

第10条 受入職員については、福岡県市町村職員退職手当組合退職手当支給条例(昭和58年条例第3号)及び地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号)の規定は、適用しない。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

篠栗町公益的法人等職員の受入れに関する要綱

平成24年3月1日 要綱第3号

(平成24年3月1日施行)