○篠栗町有自動車管理規則

平成21年3月24日

規則第4号

篠栗町有自動車管理規則(昭和46年規則第12号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規則は、町が所有する車両(以下「町有車両」という。)の運行及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 庁用車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車のうち、道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号)第2条に規定する普通自動車、小型自動車及び軽自動車(二輪車を除く。)をいう。

(2) バイク等 前号に掲げる軽自動車のうち、二輪車及び道路運送車両法第2条第3項に規定する原動機付自転車をいう。

(3) 特殊庁用車

 庁用マイクロバス

 消防車両

 その他庁用車とすることが適当でない車両

(安全運転管理者)

第3条 道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の3第1項に規定する安全運転管理者(以下「安全運転管理者」という。)は、道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号。以下「令」という。)第9条の9第1項に規定する安全運転管理者の要件を有する者のうちから、町長が命ずるものをもって充てる。

2 安全運転管理者は、町有車両の運転者が法令を遵守し、安全に運転するための指導の任にあたるものとする。

(庁用車の管理)

第4条 庁用車の管理は、管財担当課で行う。ただし、町長が特別に認める庁用車については、それを管理する課(以下「管理責任課」という。)で行う。

2 庁用車は、使用しないときは、管財担当課が指定する場所に格納しなければならない。

(配車責任者)

第5条 管財担当課長又は管理責任課の長(以下「車両管理者」という。)は、庁用車の効率的運営を図るため配車責任者を置く。

(使用の原則)

第6条 庁用車は、公務のため必要がある場合において、車両管理者の承認を受けて使用するものとする。

2 庁用車は、勤務時間に限り使用することができる。ただし、車両管理者の承認を受けたときは、この限りでない。

(使用申込手続)

第7条 庁用車を使用しようとする者は、使用の前日までに庁用車使用伺(様式第1号)により、配車責任者を経由して車両管理者に申し込まなければならない。

(運転日誌)

第8条 庁用車を運転する者(以下「運転者」という。)は、用務終了後、直ちに運転日誌(様式第2号)に所要事項を記入し、配車責任者に提出しなければならない。

(点検)

第9条 運転者は、庁用車を点検し、常に正常に使用できる状態にしておかなければならない。

(異状の報告)

第10条 運転者は、庁用車に異状を発見したときは、直ちに配車責任者に報告し、その指示を受けなければならない。

(修理)

第11条 運転者は、庁用車の修理を必要とする場合は、車両管理者の承認を受けて実施しなければならない。ただし、突発の故障等により事前に修理の承認を受ける暇がないときは、この限りでない。

2 前項のただし書の規定による処置については、事後すみやかに承認を受けなければならない。

(事故報告)

第12条 運転者は、衝突、火災、その他の事故が発生したときは、直ちに事故報告書(様式第3号)を車両管理者に提出しなければならない。

(バイク等への規定の適用)

第13条 第4条及び第6条から第12条までの規定は、バイク等について適用する。

(特殊庁用車の管理等)

第14条 特殊庁用車の管理使用については、別に定める。

(備付簿冊)

第15条 車両管理者は、車歴簿(様式第4号)を備え、所要の事項を記載しなければならない。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

篠栗町有自動車管理規則

平成21年3月24日 規則第4号

(平成21年3月24日施行)