○篠栗町消防施設整備費補助金交付規則

平成19年3月27日

規則第6号

(趣旨)

第1条 町長は、消防施設の整備事業を実施する地域住民団体の代表者(以下「区長」という。)に対して、補助の対象となる事業経費について補助金を交付することができるものとし、その補助金の交付に関しては、この規則に定めるもののほか、篠栗町補助金等交付規則(昭和57年規則第3号)の定めによるものとする。

(補助の対象)

第2条 補助の対象となる消防施設の整備事業(以下「補助事業」という。)とは、事業費が10万円以上である消防施設の新設、改修又は施設の廃止による撤去とし、撤去を伴う新設又は改修は一の事業とみなす。

2 前項にいう消防施設とは、消防格納庫、消防団員詰所、ホース乾燥塔、火の見やぐらをいう。ただし、消防格納庫と消防団員詰所を併設した場合には、これを同一施設とみなす。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、一の補助事業に要する経費が1,000万円以下である場合には、その額に100分の85を乗じて得た額(1,000円未満の端数は切り捨てる。)とし、1,000万円を超える場合においては、850万円とする。

(交付の申請)

第4条 区長は、補助金の交付申請をするときは、消防施設整備費補助金交付申請書(様式第1号)に設計書、見積書及びその他必要な書類を添えて町長へ提出しなければならない。

(交付の決定)

第5条 町長は、前条の申請があったときは、その内容を審査し補助金を交付すべきものと認めたときは、消防施設整備費補助金交付決定通知書(様式第2号)を区長に交付するものとする。

(補助金の請求)

第6条 区長は、補助金の交付決定を受けた補助事業が完了したときは、消防施設整備費補助金請求書(様式第3号)に実績報告等必要な書類等を添えて町長へ提出しなければならない。

(補助金の交付)

第7条 町長は、前条の請求書が提出されたときは速やかに完成検査を実施し、適正と認めたときは補助金の額を確定するとともに、区長へ通知し補助金を交付する。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(篠栗町消防施設等補助規則の廃止)

2 篠栗町消防施設等補助規則(昭和44年規則第10号)は、廃止する。

(経過措置)

3 この規則の施行前に交付決定がなされた補助金については、なお従前の例による。

附 則(平成27年6月29日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

篠栗町消防施設整備費補助金交付規則

平成19年3月27日 規則第6号

(平成27年6月29日施行)