○篠栗町職員人事評価規程

平成19年3月27日

規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第40条第1項の規定に基づき、職員の人事評価の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(人事評価の目的)

第2条 人事評価は、執務について勤務成績の評価を統一的に行い、これを職員の能力開発及び人材育成に反映し、公正な人事行政を行うことを目的とする。

(人事評価の基本原則)

第3条 人事評価を実施する場合は、職員に割り当てられた職務の種類と責任の度合いに応じて、職員の業績、能力及び態度を公正かつ的確に評価しなければならない。

(人事評価の対象となる職員の範囲)

第4条 人事評価は、篠栗町職員定数条例(昭和44年条例第20号)に規定する職員について実施する。

(人事評価の種類)

第5条 人事評価は、定期評価及び特別評価とする。

(定期評価)

第6条 定期評価は、地方公務員法第22条第1項に規定する条件付採用期間中の職員を除く職員について、毎年1月1日を基準日として実施する。

2 前項において、被評価職員の長期にわたる休暇、欠勤、休職、停職又は評価者若しくは被評価職員の異動その他の事由により、公正な評価を行うことが困難と認められる職員については、実施の時期を変更し、又は実施を次の評価期に延期することができるものとする。

(特別評価)

第7条 特別評価は、職員が次の各号のいずれかに該当する場合において、当該職員について町長が指定した日に実施する。

(1) 条件付採用期間中の職員が、当該期間開始の日から5ヶ月を経過した場合

(2) 前条第2項の規定により定期評価を実施しなかった職員について、その理由が消滅し、公正な評価を実施することができると認められるに至った場合

(3) その他町長が特に必要と認める場合

(評価期間)

第8条 定期評価の評価期間は、評価基準日の属する年度1年間とする。ただし、この期間内に前条に定める特別評価の評価期間がある場合は、当該評価期間を除いた期間とする。

(人事評価の書式)

第9条 人事評価は、次に掲げる書式により行うものとする。

(1) 能力評価シート 課長級(様式第1号の1)

(2) 能力評価シート 課長補佐級(様式第1号の2)

(3) 能力評価シート 係長級(様式第1号の3)

(4) 能力評価シート 主事・主査級(様式第1号の4)

(5) 職務行動観察記録票(様式第2号)

(評価者等)

第10条 人事評価を行う者(以下「評価者等」という。)は、次に定めるとおりとする。ただし、町長が必要と認める場合は、別に評価者等を指定することができる。

被評価者

評価者

主事・主査級

係長級

課長補佐級

課長級

一次評価者

課長補佐

課長補佐

課長

副町長

二次評価者

課長

課長

副町長

調整者

副町長

副町長

町長

町長

2 前項において、次に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 課長級 課長、園長、館長、局長及び参事をいう。

(2) 課長補佐級 課長補佐、副園長、副館長、次長及び参事補佐をいう。

(3) 係長級 係長及び主任主査をいう。

(4) 主事・主査級 主事、主査及び労務職給料表の適用を受ける一般職の職員をいう。

(評価者の責務)

第11条 評価者は、常に職員を観察し、その能力及び意欲を向上させるよう指導及び育成しなければならない。

2 一次評価者は、観察、助言及び指導の結果を随時、職務行動観察記録票に記録しなければならない。

(人事評価の結果の活用)

第12条 定期評価又は特別評価の結果は、次の定期評価又は特別評価が行われるまでの間、特別の事由がある場合を除き、当該職員の人事評価として用いる。

2 第7条第1号の規定により実施した特別評価の結果は、当該職員を正式採用するか否かの判断資料の一つとして用いる。

3 第1項の規定にかかわらず、町長が別に定める連続する複数年度の評価期間の人事評価結果を累積して活用することができる。

(人事評価の結果の取扱い)

第13条 人事評価の結果は、町長が人事管理上支障がないと認めた範囲において、本人の申出に基づき公開することができる。

(委任)

第14条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月22日規程第8号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

篠栗町職員人事評価規程

平成19年3月27日 規程第2号

(平成28年4月1日施行)