○篠栗町選挙人名簿及び在外選挙人名簿の抄本の閲覧に関する事務取扱要綱

平成18年12月5日

選管要綱第1号

(目的)

第1条 この要綱は、公職選挙法(昭和25年法律第100号。以下「法」という。)第28条の2第1項及び第28条の3第1項の規定に基づく選挙人名簿の抄本及び法第30条の12の規定に基づく在外選挙人名簿の抄本の閲覧(以下「閲覧」という。)に関する事務を篠栗町選挙管理委員会(以下「委員会」という。)が適切かつ円滑に処理するためにその事務の取扱いについて必要な事項を定めるとともに、閲覧資料が不当な目的に使用されないように求めた住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)第15条第3項の趣旨に則り、選挙人の個人情報の保護及び当該閲覧事務の適正かつ円滑な運用を図ることを目的とする。

(閲覧可能範囲の特定)

第2条 閲覧は、法第28条の2第1項及び法第28条の3第1項の規定に基づき、次に掲げる場合に限り認めるものとする。

(1) 選挙人が自己又は特定の者の選挙人名簿の抄本及び在外選挙人名簿の抄本(以下「抄本」という。)の登録の有無及び記載事項を確認するために閲覧する場合

(2) 公職の候補者等、公職の候補者になろうとする者(公職にある者を含む。)及び政党その他の政治団体が、政治活動(選挙運動を含む。)を行うために閲覧する場合

(3) 統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるもののうち政治又は選挙に関するものを実施するために閲覧する場合

(閲覧の制限)

第3条 委員会は、次の各号の1に該当する場合には、閲覧を拒み、中止及び禁止し、又は制限することができる。

(1) 閲覧に係る資料が不当な目的のために使用されるおそれがある場合

(3) 「住民基本台帳事務における支援措置申出書」を篠栗町長あてに提出し、ドメスティックバイオレンス及びストーカー行為等の被害者の保護のための措置を受けている者(以下「支援対象者」という。)が記載されている抄本について、ドメスティックバイオレンス及びストーカー行為等の加害者が判明しており、その加害者から閲覧の申出があった場合

(4) 政治団体設立届出書に記載された主たる活動区域が篠栗町を含まない政党その他の政治団体から閲覧の申出があった場合で、閲覧の必要性について疎明を求めても十分な回答がない場合

(5) 多数の者が一時に閲覧を申出し、抄本の使用が競合する場合

(6) 指定した場所で行わず、指定された場所以外に抄本を持ち出そうとした場合

(7) 抄本に破損、汚損若しくは加筆の行為をし、又は携帯電話等による撮影等の行為を行った場合

(8) 黙読をしなかった場合

(9) 委員会の事務に支障がある場合又は委員会の指示に従わない場合

(閲覧の申出)

第4条 前条の規定により閲覧の申出をしようとする者(以下「申出者」という。)は、閲覧日の1週間前までに誓約書(様式第1号)を添えて、選挙人名簿及び在外選挙人名簿抄本閲覧申出書(以下「申出書等」という。)を次の各号に掲げる様式により委員会に申出をし、その承認を受けなければならない。

(1) 公職選挙法施行規則(昭和25年総理府令第13号。以下「施行規則」という。)第3条の2及び在外選挙執行規則(平成11年自治省令第2号。以下「執行規則」という。)第2条の2の規定に基づく閲覧の申出にあっては、施行規則別記第4号様式の2の2(その1、その2、その3、その4)及び執行規則別記第2号様式の2(その1、その2、その3、その4)より準用する申出書等

(2) 施行規則第3条の3及び執行規則第2条の2の規定に基づく閲覧の申出にあっては、施行規則別記第4号様式の2の3(その1、その2)及び執行規則別記第2号様式の3(その1、その2)より準用する申出書等

(閲覧の方法)

第5条 法第28条の2第1項の規定に基づき、閲覧ができる期間は、委員会が指定する場所において、選挙の期日の公示又は告示の日から選挙の期日後5日に当たるまでの間を除く期間とし、閲覧ができる時間は、委員会の職員の執務時間内とする。

2 閲覧者(申出者が指定した者を含む。以下同じ。)が閲覧し、閲覧をする者がその内容を写す方法は筆記に限るものとし、謄写はできない。

3 閲覧者が抄本から転記した記録用紙を持ち帰る際には、その内容を点検するものとし、その写しを取って保管するものとする。

4 閲覧者が抄本から転記した記録用紙については、閲覧の目的を果たした後は、速やかに閲覧者の責任において処分しなければならない。

5 閲覧に関する手数料は徴しない。

(閲覧の承認)

第6条 閲覧の承認は、委員会が決定する。ただし、次の各号に掲げる場合は、委員会書記長において専決することができるものとするが、次の委員会の会議に報告しなければならない。

(1) 委員会を開く時間的余裕がない場合

(2) 第2条各号のいずれかに該当する場合であって第3条各号の閲覧の制限を受けない場合

2 委員会は、閲覧の承認及び拒否を決定した場合は、直ちに申出者に対して、選挙人名簿及び在外選挙人名簿閲覧可否決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

3 閲覧を承認された者は、閲覧日当日に施行規則第3条の2第4項に基づく書類を提示しなければならない。

4 委員会は、閲覧の状況を選挙人名簿及び在外選挙人名簿閲覧管理台帳(様式第3号)にまとめ、管理しなければならない。

(閲覧の報告)

第7条 閲覧者は、閲覧終了後様式第4号による報告書を10日以内に委員会に提出しなければならない。

2 委員会は、第2条第3号の規定により閲覧を承認した場合又は委員会が必要とする場合は、法第28条の4第5項の規定に基づきその成果の報告を閲覧者に求めることができる。

(閲覧者に対する勧告及び命令等)

第8条 委員会は、閲覧者が偽りその他不正の手段により閲覧をし、目的外使用等の法の違反が明らかになった場合は、法第28条の4第2項、第3項第4項の規定に基づき是正のための必要な措置をとることができる。

(閲覧の公表)

第9条 法第28条の4第7項の規定に基づく閲覧の状況の公表は、前年度の内容を毎年5月に篠栗町の広報及びホームページに掲載する方法により行う。

(その他の事項)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は委員会が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成18年11月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

篠栗町選挙人名簿及び在外選挙人名簿の抄本の閲覧に関する事務取扱要綱

平成18年12月5日 選挙管理委員会要綱第1号

(平成18年12月5日施行)