○篠栗町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例施行規則

平成18年9月26日

規則第17号

(公募)

第2条 町長又は教育委員会(以下「町長等」という。)は、条例第2条に規定する指定管理者の募集については、篠栗町公告式条例(昭和30年条例第2号)第2条第2項に規定する掲示板への掲示又は広報誌若しくはホームページへの掲載等、必要な措置を講じるものとする。

(申請資格)

第3条 申請しようとするもの(法人以外の団体の場合はその代表者)が次の各号のいずれかに該当する場合は、条例第2条第2号に規定する申請の資格を有しないものとする。

(1) 法律行為を行う能力を有しないもの

(2) 破産者で復権を得ないもの

(3) 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第2項(同項を準用する場合を含む。)の規定により本町における一般競争入札等の参加を制限されているもの

(4) 地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第11項の規定による指定の取り消しを受けたことがあるもの

(5) 国税及び地方税を滞納しているもの

(6) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に掲げる暴力団その他集団的に又は常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益となる活動を行っている団体(以下この条において「暴力団等」という。)であるもの

(7) 代表者又は役員が暴力団等の構成員その他指定管理者としてふさわしくないものであるもの

2 前項に掲げるもののほか、施設の性格、規模及び機能に応じ必要とする申請資格については、町長が別に定める。

(兼業の禁止)

第4条 法第92条の2、第142条(法第166条第2項において準用する場合を含む。)及び第180条の5第6項の規定は、指定管理者について準用する。この場合において、法第92条の2及び第142条中「当該普通地方公共団体に対し請負をする者及びその支配人又は主として同一の行為をする法人」とあるのは「指定管理者」と、第180条の5第6項中「当該普通地方公共団体に対しその職務に関し請負をする者及びその支配人又は主として同一の行為をする法人」とあるのは「その職務に関する公の施設の指定管理者」と読み替えるものとする。

(募集)

第5条 条例第2条第8号の規定により定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 管理の基準

(2) 公の施設の現状の管理の概要

(3) その他町長等が必要と認める事項

(指定の申請)

第6条 条例第3条に規定する申請は、指定管理者指定申請書(様式第1号)により行うものとする。

(選定結果の通知)

第7条 条例第4条の規定により指定管理者の候補を選定したときは、速やかにその結果を指定管理者選定通知書(様式第2号)又は指定管理者選定結果通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(議会の議決に付する項目)

第8条 条例第7条第1項に規定する議会の議決に係る事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 指定管理者に管理を行わせる施設の名称及び所在地

(2) 指定管理者となるべき団体の名称、主たる事務所の所在地及び代表者の氏名

(3) 指定期間

(指定書の交付)

第9条 町長等は、条例第7条第2項の規定による告示後、速やかに指定管理者指定書(様式第4号)を交付するものとする。

(協定事項)

第10条 条例第8条第2項第8号の規定により定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 行政処分等の権限を含む管理業務の内容

(2) 利用料の取扱いに関する事項

(3) 施設の維持管理に関する事項

(4) その他必要な事項

(事業報告書)

第11条 条例第9条第4号の規定により定める事項は、次に掲げる事項とする。

(1) 利用の拒否等の件数及びその理由

(2) その他必要な事項

(指定の取消し等)

第12条 町長等は、条例第11条の規定により指定を取り消し、又は管理の業務の全部若しくは一部の停止を命ずるときは、指定取消書(様式第5号)又は業務停止命令書(様式第6号)により行うものとする。

(行政処分権限の代行)

第13条 町長等は、指定管理者に公の施設のそれぞれの設置条例に定める使用許可、使用の取消し、施設内の秩序の維持等に係る町長等の行う行政処分を行わせることができる。ただし、次に掲げる事項については、行わせることができない。

(1) 使用料等の強制徴収に関すること。

(2) 公の施設の目的外使用に関すること。

(3) その他法令により町長等のみが行うことができる権限に関すること。

(不服申立て)

第14条 指定管理者が行った前条に規定する行政処分に対する不服は、町長等に対して行うものとする。

(委任)

第15条 この規則の施行について必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(篠栗町葬祭場の設置及び管理に関する条例施行規則の一部改正)

2 篠栗町葬祭場の設置及び管理に関する条例施行規則(平成16年規則第1号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成22年12月17日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年7月22日規則第10号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年3月22日規則第18号)

この規則は、行政不服審査法(平成26年法律第68号)の施行の日(平成28年4月1日)から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

篠栗町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例施行規則

平成18年9月26日 規則第17号

(平成28年4月1日施行)