○篠栗町残土処理場の設置及び管理に関する規則

平成18年3月27日

規則第1号

(趣旨)

第1条 篠栗町残土処理場の設置及び管理に関する条例(平成18年条例第5号。以下「条例」という。)に基づく取扱いについては、この規則の定めるところによる。

(利用許可の申請)

第2条 篠栗町残土処理場(以下「残土処理場」という。)を利用する者は、残土処理場利用許可申請書(様式第1号)(以下「許可申請書」という。)を町長に提出しなければならない。

2 前項に掲げる許可申請書には、次の各号に掲げる書類を添付するものとする。ただし、軽易なものについてはその一部を省略することができる。

(1) 残土処理場搬入計画書

(2) 残土処理場までの搬入経路

(3) 登録車両の自動車検査証の写し

(4) その他必要と認める書類

(利用許可)

第3条 町長は、残土処理場の利用を許可した場合は、残土処理場利用(変更)許可書(様式第2号)(以下「許可書」という。)、篠栗町残土処理場土砂搬入券(様式第3号)(以下「搬入券」という。)及び篠栗町残土処理場入場許可証(様式第5号)(以下「入場許可証」という。)を前条第1項の申請者に交付しなければならない。

2 申請者は、前項の搬入券及び搬入券の利用者控を搬入毎に提示するものとする。

3 町職員又は残土処理場の管理を代行する者は、前項の提示を受けたとき、搬入車両及び搬入物を確認した後、搬入券の利用者控を返却する。

4 申請者の登録車両は、入場許可証を搬入時において見えやすい場所に掲示しておかなければならない。

(利用許可の優先順序)

第4条 残土処理場の搬入した建設発生土が飽和状態又はこれに準ずる状態で受入れが困難な場合は、町長が利用許可を交付した者のなかで、町長と工事請負契約をした者の利用許可を優先とし、前記事項の者のなかで、工事請負金額が大なるものをさらに優先とする。

(利用許可の変更)

第5条 残土処理場の利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)が、利用を変更しようとする場合は、許可申請書を町長に提出しなければならない。

2 町長は前項の変更の許可申請書が提出された場合は、許可書を交付する。

3 条例第8条の規定に基づき、利用許可を取消し、又は利用を制限するときは、残土処理場利用取消(制限)通知書(様式第4号)を利用者に交付する。ただし、緊急を要する場合は口頭で伝えることができる。

(利用料の返還基準等)

第6条 条例第18条のただし書きに規定する利用料の返還は、次号のとおり行わなければならない。ただし、次号の要件を満たさない要件については、別に町長と協議しなければならない。

(1) 当初利用許可を得た搬入数量に対する利用料から変更後に許可を得た数量に対する料金を控除した額を返還する。

(2) 条例第18条第1項第2号の変更については、既納金額を全額返還する。

(原因者の経費負担)

第7条 条例第9条に規定する特別の施設を設置及び変更、又は条例第12条に基づく原状に回復する場合は、その行為を実施する原因者が経費の全額を負担しなければならない。

(利用者の守るべき事項)

第8条 利用者は、残土処理場内において係員の指示に従い、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 残土処理場内の施設又は備品等をき損又は滅失する恐れのある行為をしないこと。

(2) その他町長が禁止した事項をしないこと。

(入場禁止等)

第9条 町長は次に掲げる者の入場を禁止し又は退場させることができる。

(1) 他人の迷惑になる物品又は動物の類を携帯する者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は秩序及び風俗を乱す恐れがあると認められる者

(3) その他管理上支障があると認められる者

(委任)

第10条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関して必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

篠栗町残土処理場の設置及び管理に関する規則

平成18年3月27日 規則第1号

(平成18年4月1日施行)