○篠栗町延長保育事業実施要綱

平成17年12月16日

要綱第8号

(目的)

第1条 この要綱は、保護者の就労形態の多様化、通勤時間の増加等に伴う保育時間の延長に対する需要に対応するため、保育時間を延長することにより、保護者の就労の円滑化と児童の福祉の増進を図ることを目的とする。

(延長保育の実施)

第2条 町は、町立保育所において延長保育を実施する。

2 前項の規定に基づく延長保育の延長時間は、保育所の開所時間の午前7時から午後6時までの11時間(以下「保育標準時間」という。)以降の1時間又は午前8時30分から午後4時30分までの8時間(以下「保育短時間」という。)以外の保育所の開所時間内のうちを利用時間とする。

3 延長保育の適正かつ円滑な実施のため、必要な職員の配置を行うものとする。

(対象児童)

第3条 延長保育の対象となる児童は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第24条第1項の規定により保育の実施をしている児童のうち、保護者の就業時間、通勤時間等のやむを得ない事由により、延長保育を必要とする児童とする。

(申し込み等)

第4条 保育時間の延長を希望する児童の保護者は、延長保育利用申込書(様式第1号)を、町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申し込みがあったときは記入事項を審査の上、延長保育の可否を決定し、延長保育認定通知書(様式第2号)又は延長保育不認定通知書(様式第3号)により保護者へ通知するものとする。

(辞退)

第5条 保護者は、延長保育を辞退しようとするときは、延長保育辞退届出書(様式第4号)を速やかに町長に提出しなければならない。

(利用負担金)

第6条 保護者は、延長保育に要する費用の一部として、別表に定める額を負担しなければならない。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、この事業の実施について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日要綱第4号)

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月22日要領第25号)

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

延長保育利用負担金

区分

負担金額

保育標準時間以降の保育時間

午後6時から午後7時までの月額

3,000円

当日のみ利用の場合の午後6時から午後7時までの1時間

500円

保育短時間以外の保育時間

「保育短時間」の前若しくは後の時間又は合わせて1時間に限る月額

3,000円

上記1時間を超える場合30分ごとの月額

1,500円

当日のみ利用の場合の「保育短時間」の前若しくは後の時間又は合わせて1時間まで

500円

上記1時間を超える場合30分ごとにつき

250円

篠栗町延長保育事業実施要綱

平成17年12月16日 要綱第8号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成17年12月16日 要綱第8号
平成27年3月23日 要綱第4号
平成27年12月22日 要領第25号