○篠栗町法定外道路の管理に関する取扱い規則

平成17年9月26日

規則第11号

(趣旨)

第1条 篠栗町法定外道路の管理に関する条例(平成17年条例第14号。以下「条例」という。)に基づく管理の取扱いについては、この規則の定めるところによる。

(申請書)

第2条 条例に基づく許可申請書(以下「申請書」という。)は、篠栗町道路占用及び使用に関する取扱い規則(昭和60年規則第10号)第2条別記様式によるものとする。ただし、その必要を認めないときはこの限りではない。

(添付書類)

第3条 申請書には、次の各号に掲げる書類を添付するものとする。ただし、必要に応じて一部省略又は追加をすることができる。

(1) 申請位置及びその付近を表示した図面

(2) 申請物件の平面図、断面図及び実測求積図

(3) 工作物、物件又は施設(以下「申請物件」と総称する。)の設計書、仕様書及び図面

(4) 他の法令等により官公署の許認可又は承認を必要とするときは、許認可若しくは確認書又はそれらの写し

(5) 申請物件が道路である場合は、隣接の土地、建物の所有者あるいは既に町長が許可した物件に利害関係があると認められる場合においては、それらの所有者あるいは許可を受けた者の同意

(占用等変更許可の申請)

第4条 許可を受けた物件に対して、条例第4条に基づき、当該物件を改修又は改良を行うときは、第2条及び第3条に基づき変更許可申請書を提出しなければならない。

(保証人)

第5条 申請書には保証人を連署させるものとする。ただし、その必要を認めないときはこの限りではない。

2 前項の保証人は、申請者に連帯して一切の責務を負うものとする。

(申請が重複した場合の取扱い)

第6条 同一の場合において2人以上の者から許可の申請があった場合は、公益上価値の大なるものを優位とし、次の各号に掲げるところによる。

(1) 申請書を受理した日が異なるときは、先に受理した申請について許否を定める。

(2) 申請書を受理した日が同じときは、その全部について総合審査のうえ許否を定める。

(施設の管理)

第7条 当該物件の管理は申請者が行うものとし、破損、汚染等によって美観、交通その他管理上支障をきたさないように留意するものとする。

(継続の手続)

第8条 許可期間満了後引き続き許可を受けようとする者は、その許可期間満了の日から30日前までに継続の申請書を提出しなければならない。

2 前項の申請書については、第2条及び第3条の規定に準ずる。

(許可物件の工事の施工)

第9条 許可を受けた物件に対する工事について、次の各号に掲げるところにより施工する。

(1) 交通に支障をきたさないように努める。又やむをえず町が管理する道路を使用する場合はあらかじめ町長に協議し、その指示を受け必要な措置を講じること。

(2) 当該物件の工事に対し掘削土砂又は工事用器具機械材料等を指示された区域外に堆積し又は散乱しないこと。又消火栓、水道制水弁、ガス開閉栓、下水道公共桝等の施設を妨げないこと。

(掘削及び埋戻しの施工方法)

第10条 道路掘削及び埋戻しは、福岡県土木部標準仕様書に準ずるものとし、特殊な場合においては町長が別に指示することとする。

(第三者に与えた損害)

第11条 工事の施工に伴い地盤沈下、地下水の汚濁、地下水の断絶等の理由により第3者に損害を与えたときは、許可を受けた者が損害を補償しなければならない。又この損害に対する補償の範囲等については、町長が当事者等を介して協議等を行ってはならない。

(占用等料金)

第12条 占用等の料金については篠栗町道路占用及び使用に関する条例(昭和60年条例第24号)を適用する。

(職員証明書)

第13条 条例第19条第4項に基づく職員証明書は別記様式による。

附 則

この規則は、平成17年10月1日から施行する。

画像

篠栗町法定外道路の管理に関する取扱い規則

平成17年9月26日 規則第11号

(平成17年10月1日施行)