○篠栗町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例施行規則

昭和45年4月1日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、篠栗町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例(昭和45年条例第9号。以下「条例」という。)第8条の規定に基づき、必要な事項を定めることを目的とする。

(手続)

第2条 消防団員が条例第2条に規定する災害を受けたときは、消防団長は、様式第1号の申立書を町長に提出しなければならない。

2 殉職者賞じゅつ金の申立には、次に掲げる書類を添付しなければならない。

(1) 殉職者賞じゅつ金を受けるべき者の戸籍謄本

(2) 殉職者賞じゅつ金を受けるべき者が婚姻の届はしていないが、殉職者の死亡当時、事実上婚姻関係と同様の事情にあった者であるときは、その事実を認めることのできる書類

(3) 殉職者賞じゅつ金を受けるべき者が配偶者以外の者であるときは、労働基準法施行規則(昭和22年厚生省令第23号)第42条及び第43条の規定による先順位者であることを証明することのできる書類

3 殉職者特別賞じゅつ金の申立に必要な事項は前2項と同様とする。

(審査)

第3条 町長は、前条の申立書を受理したときは、様式第2号の要求書により、消防賞じゅつ金審査委員会(以下「委員会」という。)の審査に付するものとする。

(報告)

第4条 委員会は、前条の審査の要求があったときは、次に掲げるところにより審査判定し、その結果を様式第3号により、町長に報告しなければならない。

(1) 功績の程度

災害を受けた団員の勤務の性質、指揮者の命令又は職務遂行の状況及びその結果収めた消防の功績

(2) 傷病の程度

災害を受けた団員の初診のときにおける医師の診断による。ただし、初診のときの診断と審査を行うときにおける医師の診断が異るときは、後の診断による。

(3) 障害の程度

消防団員の受けた傷害がその身体に及ぼす障害の程度

(支給)

第5条 町長は、前条の報告があったときは、これに基づき、賞じゅつ金の支給額を決定し、消防団長を経てその給付を受けるべき者に支給するものとする。

(組織)

第6条 委員会は、委員長及び委員で組織する。

2 委員長には、副町長を町長が任命する。

3 委員には、次に掲げる者を充てる。

(1) 総務課長

(2) 住民課長

(3) 会計管理者

(4) 識見を有する者

(審査委員会)

第7条 委員長は、審査会の会務を総理し、会議の議長となる。

2 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長が指定する委員がその職務を代行する。

(会議)

第8条 審査会の会議は、必要のつど委員長が招集する。

2 審査会は、3人以上の委員が出席しなければ会議を開くことができない。

3 審査会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

(回議)

第9条 委員長が審議会に付議するいとまがないと認めるとき、又は事案が軽易であると認めるとき、その他特に必要と認めるときは、消防係の職員が起案書を持ち回り、委員3人以上に回議し、委員長の決裁を受けることをもって、会議に代えることができる。

(事務処理)

第10条 町長は、様式第4号による賞じゅつ原簿を備え、整理保存しなければならない。

(委任)

第11条 この規則施行について、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この規則は、昭和45年4月1日から施行する。

附 則(昭和47年4月1日規則第2号)

この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年10月1日規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年3月26日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年3月27日規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

篠栗町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例施行規則

昭和45年4月1日 規則第3号

(平成19年4月1日施行)