○篠栗町道路占用及び使用に関する取扱い規則

昭和60年12月23日

規則第10号

(趣旨)

第1条 篠栗町道路占用及び使用に関する条例(昭和60年条例第24号。以下「条例」という。)に基づく道路占用(以下「占用」という。)の取扱いについては、この規則の定めるところによる。

(申請書)

第2条 条例第5条の許可申請書(以下「申請書」という。)は、別記様式又は道路法施行規則(昭和27年建設省令第25号)別記様式第5によるものとする。ただし、その必要を認めないときは、この限りではない。

(添付書類)

第3条 申請書には、次の各号に掲げる書類を添付するものとする。ただし、軽易なものについてはその一部を省略することができる。

(1) 占用位置及びその付近を表示した図面

(2) 占用地の平面図、断面図及び実測求積図

(3) 工作物、物件又は施設(以下「占用物件」と総称する。)の設計書、仕様書及び図面

(4) 他の法令等により官公署の許認可又は承認を必要とするときは、許認可若しくは確認書又はその写し

(5) 占用が隣接の土地、建物の所有者あるいは占用者に利害関係があると認められる場合は隣接の所有者あるいは占用者の同意書、また地元居住者の同意が必要であると認められる場合においてはその土地の区長の同意書

(占用変更許可の申請)

第4条 道路法(昭和27年法律第180号)第32条第3項の許可を要する者は、占用変更許可申請書を提出しなければならない。

2 前項の申請書については、前2条の規定を準用する。

(申請の競合した場合の取扱い)

第5条 同一の場合において2人以上の者から占用許可の申請があった場合においては、公益上の価値大なるものを優位とし、次の各号に掲げるところによる。

(1) 申請書を受理した日が異なるときは、先に受理した申請について許否を定める。

(2) 申請書を受理した日が同じときは、その全部について総合審査のうえ許否を定める。

(施設の管理)

第6条 占用物件の維持、修繕は占用者が行うものとし、破損、汚染等によって美観、交通その他管理上支障をきたさないよう留意するものとする。

(届出事項)

第7条 占用者の行為が次の各号に該当する場合には、その旨を遅滞なく届けさせるものとする。

(1) 占用の廃止をしようとするとき。

(2) 占用物件の形状及び内容を変更するとき。

(3) 占用者がその住所を移転し、その氏名を変更するとき。

(権利義務の承継の手続)

第8条 相続又は法人の合併等によって占用者の権利義務を承継しようとする者にはその旨申請しなければならない。

2 占用者がその権利を他人に譲渡しようとする場合は、譲受人と連署のうえその旨申請しなければならない。

3 前項の譲受人は、占用の許可に基づく一切の権利義務を承継したものとみなす。

(他人に使用させることの制限)

第9条 占用者が占用している区域又は物件等を他人に使用させることは認めない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。

(1) 電柱等の新設に対し道路交通上及び道路の景観上に支障をきたす場合

(2) 電気通信業者等が、既存の電柱に対し電線及びその他これに附帯する施設等を設置する場合

(3) その他町長が認める場合

(占用許可の表示)

第10条 占用者は、次の各号に掲げる事項を記載した標札又は標注を占用地又はその付近の見易い箇所に標示するものとする。ただし、標示することが困難な場合は町長と協議するものとする。

(1) 占用の目的

(2) 占用の期間

(3) 占用数量

(4) 許可年月日及び許可番号

(5) 占用者の住所、氏名

2 前項の標札又は標柱は、町長が検印するものとする。

(費用の負担)

第11条 この占用許可の条件に基づいて占用者が義務を履行するために必要となる費用及び破損その他の公共事業の場合の取替、移設に必要な費用は、占用者が負担するものとする。

(継続占用の手続)

第12条 占用期間満了後引き続き占用しようとする者には、その期間満了の日から30日前までに継続占用の申請書を提出しなければならない。

2 前項の申請書については、第2条及び第3条の規定を準用する。

(工事の届出及び検査)

第13条 占用者は占用物件の設置、修繕、改築、撤去等の工事(以下「工事」と総称する。)に着手しようとする場合には、あらかじめその旨を届け出て町長の指示を受けるとともに、工事が竣工したときは、検査を受けなければならない。

(工事標示板の掲出)

第14条 占用工事の施工期間中は、占用者はその区域内又はその付近の見易い箇所に、工事標示板を掲出するものとする。

(工事の施工)

第15条 占用工事は、次の各号の掲げるところにより施工させるものとする。

(1) 交通に支障を及ぼさないように努め、掘さく土砂又は工事用器具機械材料等を指示された区域外に堆積し、又は散乱しないこと。

(2) 掘さく土砂又は工事用器具、機械、材料等で水道消火栓、水道制水弁、ガス開閉栓等の施設をさまたげないこと。

(3) 工事のため道路若しくは、その付属物に損傷を及ぼし、又は及ぼすおそれがあると認めるときは直ちに町長に届け出てその指示を受け必要な措置を講じること。

(迂回路)

第16条 占用工事のため、一時交通を制限することにより迂回路を設定し、又は指定した場合においてこれらに要する費用は、占用者が負担するものとする。

(掘さく及び埋戻しの施工方法)

第17条 道路の掘さく及び埋戻しは、福岡県土木部標準仕様書に準ずるものとし、特殊な場合においては町長が別に指示する工法によるものとする。

(第三者に与えた損害)

第18条 工事の施工に伴い地盤沈下、地下水の断絶等の理由により第三者に損害を与えたときは、占用者がその損害を補償しなければならない。

(書類の経由)

第19条 条例及び規則により提出する申請書、届書その他の書類は、占用の区域を管轄する区長を経由させるものとする。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和60年4月1日から適用する。

附 則(平成18年3月27日規則第2号)

この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成26年12月22日規則第16号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

画像

篠栗町道路占用及び使用に関する取扱い規則

昭和60年12月23日 規則第10号

(平成27年4月1日施行)