○篠栗町モーテル類似施設建築規制条例

昭和59年3月28日

条例第8号

(目的)

第1条 この条例は、篠栗町における善良な風俗及び健全な生活環境を保持するため、モーテル類似施設の建築に関し必要な規制を行い、もって青少年の健全育成と住民の快適で良好な生活環境を保持することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) モーテル類似施設 いわゆる類似モーテル及びラブホテル並びにレンタルルーム等で、料金を受けてもっぱら異性を同伴する客に宿泊又は休憩をさせるための施設であって規則に定める基準のに該当するものをいう。

(2) 建築 建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第13号に規定するもののうち新築し、増築し、又は改築することをいう。

(建築規制区域)

第3条 篠栗町内において、モーテル類似施設の営業を目的とする施設は建築してはならない。

(用途変更の規制)

第4条 モーテル類似施設以外の施設から、モーテル類似施設への用途変更は、してはならない。

(事前届出)

第5条 篠栗町において、旅館又はホテル等の新築及び大規模の模様替え、又は増改築をしようとする者並びに旅館・ホテル等以外の建築物の旅館・ホテル等への用途変更をしようとする者は、建築基準法第6条第1項に定める建築確認申請書を提出する日の60日前までに町長にその旨を届出なければならない。

2 前項の届出をした者が、届出をした事項を変更しようとする場合も、また同様とする。

(審議会)

第6条 町長は、前条の届出があったときは、その届出に係る建築物が第2条に定めるモーテル類似施設に該当するか否かを決定するにあたり、モーテル類似施設建築審議会(以下「審議会」という。)に諮問しなければならない。

2 審議会の組織及び運営に関する事項は、規則の定めるところによる。

(建築又は用途変更の中止命令及び公表)

第7条 町長は、第3条又は第4条の規定に違反してモーテル類似施設を建築し、又はモーテル類似施設に用途変更しようとする者に対し、建築又は用途変更の中止を命ずることができる。

2 町長は、前項の中止命令に応じない者に対しては、規則で定めるところにより公表することができる。

(立入調査等)

第8条 町長は、モーテル類似施設の建築をしようとする者又はモーテル類似施設に用途を変更しようとする者に対し必要があると認めるときは、報告を求め、又は職員をして建築物及び建築物の敷地に立ち入らせ調査を行わせることができる。

2 前項の規定により立入調査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係人の請求があったときはこれを掲示しなければならない。

(罰則)

第9条 第7条第1項による町長の中止命令に違反した者は、3万円以下の罰金に処する。

(両罰規定)

第10条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者がその法人又は人の業務に関して前条の違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても前条の罰金刑を科する。

(委任)

第11条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

篠栗町モーテル類似施設建築規制条例

昭和59年3月28日 条例第8号

(昭和59年3月28日施行)