○篠栗町浄化槽設置指導要綱

平成14年3月29日

要綱第5号

(目的)

第1条 この要綱は、篠栗町において生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止し、生活環境の保全及び公衆衛生の向上のため浄化槽の設置に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(浄化槽の設置)

第2条 下水道法(昭和33年法律第79号)第4条第1項又は同法第25条の3第1項の事業計画に定められた予定処理区域に掲げる地域(以下「下水道事業計画区域」という。)以外の区域において建築物の新築等をしようとする者は、生活排水が適正に処理されることとなるよう、浄化槽の設置に努めなければならない。

ただし、敷地の状況により浄化槽を設置することができない等特別の事情があると認められる場合は、この限りではない。

2 下水道事業計画区域以外の区域において、単独処理浄化槽又は汲み取り便所を設置している者は、生活排水が適正に処理されることとなるよう、浄化槽の設置に努めなければならない。

また、浄化槽法(昭和58年法律第43号)第11条に基づく定期検査において、不適正との判定がなされ、かつ、通常の回数及び内容の保守点検や清掃では改善措置が困難な単独処理浄化槽の管理者にあっては、速やかに浄化槽を設置するものとする。

ただし、敷地の状況により浄化槽を設置することができない等特別の事情があると認められる場合は、この限りではない。

3 前2項の浄化槽は、生物化学的酸素要求量(以下「BOD」という。)除去率95%以上、放流水のBOD10mg/l(日間平均値)以下の機能を有するものとする。

(事前協議)

第3条 浄化槽を設置しようとする者は、あらかじめ、事前協議書(様式第1号)及び誓約書(様式第2号)を町長に提出し、協議しなければならない。

(協議事項)

第4条 前条の事前協議事項は次のとおりとする。

(1) 設置の位置に関する事項

(2) 放流水の放流先に関する事項

(3) 放流水の水質に関する事項

(4) 維持管理に関する事項

(5) 誓約書に関する事項

(6) その他、町長が必要と認める事項

(事前協議済書)

第5条 町長は、前条の事前協議により、当該浄化槽の設置についての適否を審査し、事前協議済書(様式第3号)を交付するものとする。

2 浄化槽を設置しようとする者は、県知事に浄化槽設置届出をする場合、前項の事前協議済書を添付しなければならない。

(補則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成18年6月21日要綱第2号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月1日要綱第14号)

この要綱は、平成24年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

篠栗町浄化槽設置指導要綱

平成14年3月29日 要綱第5号

(平成24年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第4章 生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成14年3月29日 要綱第5号
平成18年6月21日 要綱第2号
平成24年3月1日 要綱第14号