○篠栗町国民健康保険運営協議会会議規則

昭和35年4月1日

規則第1号

第1条 篠栗町国民健康保険運営協議会(以下「協議会」という。)は、法令及び条例の定めるもののほか、この規則の定めるところによる。

第2条 協議会は、会長が招集する。

第3条 協議会は、被保険者を代表する委員、保険医又は保険薬剤師を代表する委員及び公益を代表する委員それぞれの半数以上の委員が出席しなければ会議を開くことができない。

第4条 会長は、会務を総理し、会議の議長となる。

第5条 協議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第6条 会長は、必要があるときは、利害関係者の出席を求めることができる。

第7条 会長は、職務遂行上必要な資料を町長に要求することができる。

第8条 協議会に書記1名を置く。

第9条 協議会の書記は、国民健康保険専任職員の中から町長が任命する。

第10条 協議会の書記は、会長の命を受け、庶務に従事する。

第11条 協議会は、議事録を作成し、会長の指名する出席委員が署名しなければならない。

第12条 委員は、町長の定めるところにより、報酬を支給する。また会務のため旅行するものに対しては、旅費を支給する。

第13条 この規則のほか、協議会に関し、必要な事項は会長と町長が協議のうえ別に定める。

附 則

この規則は、昭和35年1月1日から施行する。

附 則(平成6年10月4日規則第10号)

(施行期日)

この規則は、公布の日から施行し、平成6年10月1日から適用する。

篠栗町国民健康保険運営協議会会議規則

昭和35年4月1日 規則第1号

(平成6年10月4日施行)

体系情報
第8編 生/第3章 国民健康保険
沿革情報
昭和35年4月1日 規則第1号
平成6年10月4日 規則第10号