○篠栗町町営住宅の設置及び管理に関する条例施行規則

平成11年3月31日

規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、篠栗町町営住宅の設置及び管理に関する条例(平成24年条例第19号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(入居申込書)

第2条 条例第23条及び第53条に規定する入居の申込みは、町営住宅入居申込書(様式第1号)による。

2 町長は、町営住宅申込書を受理したときは、入居申込者に対し町営住宅申込受付票(様式第2号。以下「受付票」という。)を交付する。

(抽選)

第3条 条例第24条第2項に規定する抽選は、前条第2項の受付票に記載した抽選番号により行う。

2 町長は、抽選を行うときは、入居申込者、その他適当と認める者のうちから抽選立会人若干名を選ぶものとする。

(請書)

第4条 条例第26条第1項第1号に規定する請書は、様式第3号による。

(入居許可及び入居可能日の通知)

第5条 条例第26条第5項に規定する入居可能日の通知は、町営住宅入居許可書(様式第4号)の交付をもって行う。

(町営住宅の家賃等)

第6条 条例第29条の規定により定める家賃の額は、別表のとおりとする。

(同居の承認)

第7条 条例第27条の規定により入居の際に同居した親族以外の者を同居させるときは、町営住宅同居承認申請書(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申請書を受理した場合は、その内容を審査し、申請者に対しその結果を町営住宅同居承認却下通知書(様式第6号)により通知する。

(名義変更)

第8条 条例第28条に規定する入居承継の承認を受けようとする者は、町営住宅入居者名義変更申請書(様式第7号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理した場合は、その内容を審査し、申請者に対しその結果を町営住宅入居者名義変更承認・却下通知書(様式第8号)により通知する。

(連帯保証人の変更)

第9条 入居者は、連帯保証人の死亡、辞任等があったときは、すみやかに新たな連帯保証人を定め、町営住宅連帯保証人変更届(様式第9号)に第4条に規定する請書を添えて町長に提出しなければならない。

(減免又は徴収猶予の申請)

第10条 条例第31条の規定により、家賃又は敷金の減免又は徴収猶予を受けようとする者は、町営住宅家賃・敷金減免申請書(様式第10号)又は町営住宅家賃・敷金徴収猶予申請書(様式第11号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理した場合は、その内容を審査し申請者に対し、その結果を町営住宅家賃・敷金減額(免除)承認却下通知書(様式第12号)又は町営住宅家賃・敷金徴収猶予承認却下通知書(様式第13号)により通知する。

(一時使用しないときの届出)

第11条 条例第40条の規定により町営住宅を15日以上使用しないときは、町営住宅を一時使用しない届(様式第14号)を町長に提出しなければならない。

(住宅模様替え等の申請)

第12条 条例第42条ただし書の規定により町営住宅以外の用途に併用しようとするときは、町営住宅用途併用承認申請書(様式第15号)を、条例第43条第1項ただし書の規定により模様替え又は増築及び工作物の設置等の承認を受けようとするときは、町営住宅工事承認申請書(様式第16号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請書を受理した場合は、その内容を審査し申請者に対し、その結果を町営住宅用途併用承認却下通知書(様式第17号)又は町営住宅工事承認却下通知書(様式第18号)により通知する。

(異動届)

第13条 入居者は、入居者又はその家族の職業、人員等に異動が生じたときは、すみやかに職業及び家族異動届(様式第19号)を町長に提出しなければならない。

(収入に関する申告等)

第14条 条例第30条第1項及び第51条第1項の申告は、前年1月1日から12月31日までの1年間の収入を記載した申告書(様式第20号)によらなければならない。

2 町長は、条例第30条第3項の規定により、収入の額を認定したときは、入居者に対し、認定した収入の額及びその者の家賃の額を収入認定通知書(様式第21号)により通知する。

3 条例第30条第4項の規定による収入認定に対する意見の申し述べは、同条第3項の通知を受けた日から20日以内に収入認定更正申請書(様式第22号)によらなければならない。

4 町長は、収入認定更正申請書申請結果の通知は、収入認定(更正等)通知書(様式第23号)による。

(収入超過者の認定)

第15条 町長は、条例第44条第1項の規定により収入超過者として認定した入居者については、前条第2項の規定にかかわらず、条例第30条第3項の規定により認定した収入の額及びその者の家賃の額を収入超過者認定通知書(様式第24号)により通知する。

2 前条第3項及び第4項前項の規定による通知を受けた場合について準用する。

(高額所得者の認定)

第16条 町長は、条例第44条第2項の規定により高額所得者として認定した入居者については、第14条第2項の規定にかかわらず、条例第30条第3項の規定により認定した収入の額及びその者の家賃の額を高額所得者認定通知書(様式第25号)により通知する。

2 第14条第3項及び第4項前項の規定による通知を受けた場合について準用する。

(明渡届)

第17条 町営住宅を明け渡そうとするときは、条例第56条の規定により町営住宅明渡届(様式第26号)によって届け出なければならない。

(社会福祉事業の町営住宅使用許可の手続)

第18条 条例第59条第1項に規定する社会福祉法人等の町営住宅の使用の申請は、社会福祉事業町営住宅使用許可申請書(様式第27号)による。

2 町長は、前項の申請に対する処分の結果を、社会福祉事業町営住宅使用許可不許可通知書(様式第28号)により通知する。

(社会福祉事業の町営住宅使用料)

第19条 条例第60条第1項に規定する使用料の額は、第6条に規定する額とする。

(町営住宅監理員及び町営住宅管理人)

第20条 条例第81条第1項に規定する町営住宅監理員は、おおむね1団地に1人とし、町職員のうちから任命する。

2 条例第81条第3項に規定する町営住宅管理人は、原則として当該町営住宅の組長をもってこれに充てる。

3 町営住宅管理人の行う事務の概要は、次のとおりとする。

(1) 家賃等の納入通知書及び口座振替通知書の配付に関すること。

(2) 入居者が条例及びこの規則に違反しないよう注意すること。

(3) 役場、入居者間の連絡に関すること。

(4) 住宅及び附帯施設に対し、異常の有無を注意し、必要な報告をすること。

(5) その他町長が認める事項

(立会検査員証票)

第21条 条例第82条第3項に規定する証票は、様式第29号による。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成11年4月1日から施行する。

(旧施行規則の廃止)

2 篠栗町営住宅管理条例施行規則(昭和46年篠栗町規則第3号)は、廃止する。

附 則(平成19年3月27日規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年9月22日規則第21号)

この規則は、平成20年12月1日から施行する。

附 則(平成24年12月25日規則第18号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月26日規則第11号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月7日規則第2号)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の篠栗町町営住宅の設置及び管理に関する条例施行規則別記様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

附 則(平成26年12月12日規則第14号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月22日規則第31号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

所在地と名称

住宅番号

月収(円)

家賃月額家賃月額

備考

大字金出

3418番地1

大久保町営住宅

1―10号から3―60号まで

0~104,000

8,000円8,000円

昭和45年度建設

簡易耐火2階

6戸1棟建て

104,001~123,000

9,300円9,200円

123,001~139,000

10,600円10,500円

139,001~158,000

11,900円11,900円

158,001~186,000

13,700円13,600円

186,001~214,000

15,800円15,700円

214,001~259,000

18,500円18,400円

259,001~

21,300円21,200円

5―10号から6―60号まで

0~104,000

8,000円8,000円

昭和46年度建設

簡易耐火2階

6戸1棟建て

104,001~123,000

9,300円9,300円

123,001~139,000

10,600円10,600円

139,001~158,000

12,000円11,900円

158,001~186,000

13,700円13,700円

186,001~214,000

15,800円15,800円

214,001~259,000

18,500円18,500円

259,001~

21,400円21,300円

8―10号から9―60号まで

0~104,000

8,400円8,400円

昭和47年度建設

簡易耐火2階

6戸1棟建て

104,001~123,000

9,800円9,700円

123,001~139,000

11,200円11,100円

139,001~158,000

12,600円12,500円

158,001~186,000

14,400円14,300円

186,001~214,000

16,600円16,500円

214,001~259,000

19,500円19,400円

259,001~

22,400円22,300円

7―10号から7―40号まで及び10―10号から11―40号まで

0~104,000

8,800円8,800円

昭和48年度建設

簡易耐火2階

4戸1棟建て

104,001~123,000

10,200円10,200円

123,001~139,000

11,700円11,600円

139,001~158,000

13,200円13,100円

158,001~186,000

15,100円15,000円

186,001~214,000

17,400円17,300円

214,001~259,000

20,400円20,300円

259,001~

23,500円23,400円

篠栗町町営住宅の設置及び管理に関する条例施行規則

平成11年3月31日 規則第4号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 厚  生/第2章 住  宅
沿革情報
平成11年3月31日 規則第4号
平成19年3月27日 規則第1号
平成20年9月22日 規則第21号
平成24年12月25日 規則第18号
平成25年3月26日 規則第11号
平成26年3月7日 規則第2号
平成26年12月12日 規則第14号
平成27年12月22日 規則第31号