○篠栗町育児給付金の支給に関する規則

平成11年3月31日

規則第3号

(目的)

第1条 この規則は、3人以上の児童を養育している者に篠栗町育児給付金(以下「給付金」という。)を支給することにより、家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会をになう児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的とする。

(用語の定義)

第2条 この規則において「児童」とは、18歳に達する日以後の最初の3月31日までにある者をいい、「保護者」とは親権を行う者又は後見人その他の者であって、現に児童と生計を同じくしている者をいう。

(支給)

第3条 児童を養育している世帯にあって、出生順に第3番目以降の児童(以下「支給対象児童」という。)が6歳に達する日以後の最初の4月1日を迎えたときは、その保護者に対して給付金を支給する。

(受給資格)

第4条 受給資格は、次の各号に定めるところによる。

(1) 支給対象児童を含む3人以上の児童を養育していること。

(2) その世帯の生活の本拠が本町にあること。

(3) 支給対象児童が1年以上引き続き本町の住民基本台帳に記載されていること。

(支給額)

第5条 支給額は5万円とする。

(申請及び決定)

第6条 給付金を受けようとする者は、毎年次項に定める調査の期日までに、「育児給付金支給申請書」(様式第1号)により申請しなければならない。

2 町長は、前項の申請に基づき、受給資格を4月30日現在で調査し、その結果を「育児給付金決定通知書」(様式第2号)により通知するものとする。

(支給及び支払)

第7条 給付金の支給は、決定した日の属する月の翌月の末日までに行う。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(支給の取消し返還等)

第8条 町長は、偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた者があるときは、その決定を取り消し、すでに支給した給付金を返還させることができる。

(委任)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成24年6月20日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年7月9日から施行する。

(篠栗町育児給付金の支給に関する規則の一部改正に伴う読替え)

3 平成25年7月9日までの間における第2条による改正後の篠栗町育児給付金の支給に関する規則第4条第3号の適用については、同号中「住民基本台帳」とあるのは、「住民基本台帳(出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律(平成21年法律第79号)第4条の規定による廃止前の外国人登録法(昭和27年法律第125号)の規定に基づく本町の外国人登録原票を含む。)」とする。

篠栗町育児給付金の支給に関する規則

平成11年3月31日 規則第3号

(平成24年7月9日施行)