○篠栗町健康広場設置規則

昭和57年10月1日

規則第7号

(目的)

第1条 この規則は、健康広場の維持管理及び運営並びにその他必要事項を定め、円滑な活用を図ることを目的とする。

(維持管理及び運営)

第2条 健康広場の維持管理及び運営は、契約により区長に委託する。

第3条 区長は、健康広場が通常快適な状態で使用できるよう維持し、各利用希望者の使用の配分、危険物の排除、並びに美化清掃等について充分な配慮を怠ってはならない。

第4条 区長は、自らが管理する健康広場について、他区域の住民等から使用の申出があり、自区の使用を調整することができるときは積極的に貸与しなければならない。

第5条 前条の他区域からの使用の申出は、当該借用を希望する住民の所属する区域の区長を通じて行わなければならない。

第6条 健康広場の維持管理委託料は、一健康広場当たり年額30,000円とし、区長に支払う。

2 補修用原材料等については、予算の範囲内で現物を支給する。

(その他)

第7条 この規則に定めのない事項については町長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

篠栗町健康広場設置規則

昭和57年10月1日 規則第7号

(昭和57年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
昭和57年10月1日 規則第7号