○篠栗町立小学校及び中学校の施設開放に関する規則

昭和53年7月1日

教委規則第2号

(目的)

第1条 この規則は、篠栗町における社会体育振興の一環として町立小学校及び中学校の施設を学校教育に支障のない限り、一般住民の健全な余暇利用の場として開放し、体力づくりとレクリエーション活動に資することを目的とする。

(事業の主体及び責任)

第2条 この学校開放事業は、篠栗町教育委員会(以下「教育委員会」という。)の責任において実施する。

(開放校の指定)

第3条 開放しようとする小学校及び中学校(以下「開放校」という。)は、施設の実情等を勘案し、教育委員会が定める。

(運営委員会)

第4条 教育委員会は、学校施設開放のために運営委員会を置く。

2 運営委員会の委員は、次の各号に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) スポーツ推進委員

(2) 体育協会代表者

(3) 学校関係職員

(4) 社会教育関係団体代表者

(管理員)

第5条 開放校に管理員を置く。

2 管理員は、教育委員会の命を受け、学校施設の開放に伴う利用者の危険防止及び施設設備等の管理に当たるものとする。

3 管理員は、教育委員会が委嘱する。

4 管理員は、非常勤とする。

(開放の種類)

第6条 開放校は、次の2種類とする。

(1) スポーツ開放

団体が行うスポーツ及びレクリエーションの利用に供するため、施設を開放する。

(2) 遊び場開放

幼児及び児童生徒の遊び場として利用に供するため、校庭を開放する。

(開放の日時)

第7条 開放の日時は、別に定める。

2 前項の規定にかかわらず、開放校において特別の事情がある場合、教育委員会は開放の日時を別に定めることができる。

3 遊び場開放の日時は、運営委員会の意見を聞いて教育委員会が定める。

(利用の許可)

第8条 スポーツ開放は、篠栗町内に在住するもので監督責任者(成人に限る。)を定め、申し込んだ場合に限り許可するものとする。

2 遊び場開放は、町内に在住する幼児及び児童生徒に限り許可するものとする。この場合において、幼児については、保護者の付添いがあることを条件とする。

(利用の禁止)

第9条 次の各号に該当する場合、その利用を許可しないものとする。

(1) 特定の政党若しくは公選による公職の候補者を支持し又はこれらに反対するための利用その他政治的活動のための利用

(2) 特定の宗教を支持し、又はこれらに反対するための利用その他宗教的活動のための利用

(3) もっぱら営利を目的とするための利用

(4) 開放事業の目的に反する利用

(利用の中止)

第10条 教育委員会は、この規則に違反する行為をなした利用者に対して利用の中止を命ずることができる。

(利用の手続き)

第11条 開放校を利用しようとする者は、利用希望日の7日前までに教育委員会に申し込み、あらかじめその許可を得なければならない。

(利用者の厳守事項)

第12条 利用者は、次の事項を守らなければならない。

(1) 許可された施設設備以外のものについて、無断で使用したり、許可なく移動したりしないこと。

(2) グランド内に車を乗り入れないこと。

(3) 喫煙をした場合は、使用者の責任において後始末を完全に行うこと。

(4) 使用後は、後始末、とじまり、清掃等をし、点検をすること。

(5) 道具等を使用した場合は、もとの所に返納すること。

(6) その他良識ある行動をとること。

(利用者の弁償責任)

第13条 利用者は、開放校の施設設備を故意又は重大な過失によって棄損若しくは滅失したときは、弁償の責を負うものとする。

2 弁償について必要な事項は別に定める。

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、実施について必要あるときは別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和53年6月12日から適用する。

附 則(平成23年12月20日教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の第4条第2項第1号の規定は平成23年8月24日から適用する。

篠栗町立小学校及び中学校の施設開放に関する規則

昭和53年7月1日 教育委員会規則第2号

(平成23年12月20日施行)