○篠栗町教育支援委員会規則○篠栗町就学指導委員会規則

昭和57年12月22日

教委規則第7号

(設置)

第1条 篠栗町に在住する幼児及び児童、生徒で心身に障害の疑いがある者に対してそれぞれの能力、適性に応じた教育がうけられるようにするために篠栗町就学指導委員会篠栗町教育支援委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(委員会の組織)

第2条 委員会の委員の定数は、20名以内とする。

2 委員は、次の各号に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 教育委員会委員 1名

(2) 幼稚園、小学校及び中学校の長 6名

(3) 幼稚園、小学校及び中学校の長が推薦する教諭 7名

(4) 心身障害児に関する学識経験者 若干名

(5) 児童福祉施設等の職員 3名

(委員の任期)

第3条 委員の任期は、2年とする。ただし、補欠委員の任期は前任者の残任期間とする。

2 委員は再任することができる。

3 職名をもって委嘱された委員がその本来の職を離れたときは、委員の職を失うものとする。

(会務)

第4条 委員会は、教育的・医学的診断による検査の結果、心身に障害の疑いのある者の判別及び指導並びに助言を行う。

(委員長及び副委員長)

第5条 委員会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長及び副委員長は、委員のうちから互選する。

3 委員長は、会務を総理し委員会を代表する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会の会議は、委員長が必要に応じ招集する。

2 委員長は、会議の議長となる。

3 委員会の会議の運営に関して必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

(事務)

第7条 委員会の事務は教育委員会事務局において処理する。

(その他の必要な事項)

第8条 この規則に定めるもののほか、委員会について必要な事項は教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年10月1日教委規則第7号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

篠栗町教育支援委員会規則

昭和57年12月22日 教育委員会規則第7号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 教  育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和57年12月22日 教育委員会規則第7号
平成27年10月1日 教育委員会規則第7号