○篠栗町教育委員会事務局職員の職の設置に関する規則

昭和46年7月10日

教委規則第2号

(趣旨)

第1条 地方教育行政の組織及び運営に関する法律施行令(昭和31年政令第221号)第6条の規定に基づく篠栗町教育委員会の事務局(以下「事務局」という。)に置かれる職員の職の設置については、法令に特別の定めがあるものを除くほか、この規則の定めるところによる。

(事務局職員の職)

第2条 事務局職員の職として、次に掲げる職を置くことができる。

課長 館長 指導主事 参事 課長補佐 副館長 参事補佐 係長 主任主査 主査 主事

2 前項に掲げる職の職務は、それぞれ上司の命を受け、次の職務を行うものとする。

(1) 課長、参事は、課の事務を処理し、課員を指揮監督する。

(2) 館長は、館の事務を処理し、館員を指揮監督する。

(3) 指導主事は、学校(学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校をいう。以下同じ。)における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項の指導に関する事務に従事する。

(4) 課長補佐、参事補佐は、課長を補佐する。

(5) 副館長は、館長を補佐する。

(6) 係長、主任主査、主査は、係の事務を処理する。

(7) 主事は、係長、主任主査、主査を補佐し、分担事務を処理する。

(その他の職員)

第3条 前条に掲げるもののほか、事務局にその他の職員を置くことができる。

(補則)

第4条 この規則の施行に関し、必要な事項は教育長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和46年4月1日から適用する。

附 則(昭和57年3月31日教委規則第6号)

この規則は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年2月18日教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和59年1月10日から適用する。

附 則(昭和61年1月18日規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年12月28日教委規則第5号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成13年4月1日教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、平成13年4月1日から適用する。

附 則(平成19年2月22日教委規則第1号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年4月20日教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行し、平成19年4月1日から適用する。

篠栗町教育委員会事務局職員の職の設置に関する規則

昭和46年7月10日 教育委員会規則第2号

(平成19年4月20日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和46年7月10日 教育委員会規則第2号
昭和57年3月31日 教育委員会規則第6号
昭和59年2月18日 教育委員会規則第1号
昭和61年1月18日 規則第8号
平成4年12月28日 教育委員会規則第5号
平成13年4月1日 教育委員会規則第3号
平成19年2月22日 教育委員会規則第1号
平成19年4月20日 教育委員会規則第3号