○篠栗町行政財産使用料条例施行規則

平成11年12月24日

規則第21号

(趣旨)

第1条 篠栗町行政財産使用料条例(平成11年条例第22号。以下「使用料条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(価格)

第2条 使用料条例第3条別表第2の土地の適正な価格とは、当該土地の隣接地又は最寄りの同地目土地の価格に比準する。ただし、正常な売買実例がない場合は、これらの土地の固定資産評価に於ける中値(評価額×7分の10)の価格とする。

2 使用料条例第3条別表第2の建物の適正な価格とは、法人税法(昭和40年法律第34号)第31条(減価償却資産の償却費の計算及びその償却の方法)の規定の例(定額法)により算出された当該家屋の残存価額とする。

(使用料及び占用料の最高限度額)

第3条 使用料条例第3条の規定により算出されたこれらの使用料の金額が地代家賃統制令(昭和21年勅令第443号)制限規定の額を超えるときの使用料及び占用料は、地代家賃統制令の制限規定に基づく最高限度額とする。

附 則

この規則は、平成12年4月1日から施行する。

篠栗町行政財産使用料条例施行規則

平成11年12月24日 規則第21号

(平成11年12月24日施行)

体系情報
第6編 務/第3章 税・税外収入
沿革情報
平成11年12月24日 規則第21号