○補助金等交付要綱

平成2年3月27日

要綱第2号

(目的)

第1条 この要綱は、篠栗町補助金等交付規則(昭和57年規則第3号。以下「規則」という。)第2条第1項各号に係わる適用除外の補助金等を、規則第17条の規定に基づき定めることを目的とする。

(定義)

第2条 規則第2条第1項各号に係わる町長が別に定める「補助金」又は「負担金」とは、次の各号に掲げるものとする。

(1) 地方自治法施行規則(昭和22年内務省令第29号)の歳出予算に係る節の区分第19節負担金、補助及び交付金に計上されている予算のうち、次に掲げるからまでを除くものをいう。ただし、町長が特に必要と認めてその都度指示するものについては除外しない。

 負担金及び他の条例・規則等により規定されているもの

 大会参加費等、旅費助成的な性質のもの

 委員研修費等、研修旅費的な性質のもの

 麦作振興補助金等個人が行う事業に交付されるもので、交付の基盤が確定しているもの

 補助金の額が10万円未満のもの

 その他、各区敬老会開催補助金等、規則を適用することが妥当でないと町長がその都度認めるもの

附 則

この要綱は、平成2年4月1日から施行する。

補助金等交付要綱

平成2年3月27日 要綱第2号

(平成2年3月27日施行)

体系情報
第6編 務/第1章
沿革情報
平成2年3月27日 要綱第2号